スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    響鬼43『変われぬ身』

    えー、皆様いかがでしたか、今週の仮面ライダー斬鬼。
    って、この振りは前にもやったな。

    正直、新機軸開始以降のレビューは、ネガティブな発言はなるべく書かないようにしていました。だってこんな辺境ブログだって、役者さんが目にする可能性は0じゃないし、応援したい気持ちはたくさんありましたから。

    しかし。
    ちょっと今回ばかりは
    「それはないだろう」
    なセリフと行動が多すぎて、しかもそれが私の許容範囲をいきなり超えてしまったので、いつになくやさぐれたものになっています。
    これから書く愚痴は、主にPと脚本家に対する文句であって、役者さん達を非難するものでは決してないことをご承知おきください。

    読んでやろうという奇特な方は、read moreをぽちっとどうぞ。
    なにはともあれ

    重傷を負った愛弟子がベッドから落ちるのをそのまま放置するようなザンキさんなんかザンキさんじゃない!

    の一言で私の怒りは分かっていただけるでしょうか。
    というか、世間一般の感性の持ち主なら、普通抱きとめるなり、押し戻すなり何なりするでしょうよ。なんで無視するのよ。おかしいじゃないよ。
    ケガが悪化したらどうする気なのよ。重症なんでしょ!

    と、もうそのあたりが気になって気になって。

    あと、世間一般の感性の持ち主なら、重傷を負ったばかりの愛弟子に向かってなんの配慮もなく「お前は再起不能だ」なんてこと言えません。というか、普通こんな言い方しないし、配慮って物があってしかるべきでしょ。いくら時間がないからって、やらせてることがガサツすぎる。


    「俺は今、心の中でお前を殴った」

    ……テレビを破壊したくなるほどの怒りに襲われたのは久しぶりだわ。
    なんだよこのスクールウオーズ。
    いや、見てましたよ。幼少時に。大映ドラマ。好きでしたよ。そりゃあ好きでしたけどね。
    あれは昭和の時代だから成立したのであって、今は平成だっつうの!


    こんな頭の中身が20年前で止まってる時代遅れの老害オヤジがやっつけ仕事で適当に子供だましで書き散らしてるから上がつかえて後進のチャンスが奪われて若い脚本家が育たねえんじゃないのか。

    ああすみません。怒りのあまり、句読点を入れ損ねた上に打ち消し線を加えてしまいました。

    なんかその後いいセリフ言ってたらしいですけど、だめだ。意味ある言葉の連なりとして頭の中で理解したくない。こんなバカみたいなセリフ言って欲しくない、言わせたくない。聞きたくない。
    と、私の心と体が全身全霊で視聴を拒否。

    でも、ザンキさんのご尊顔は見たいわけですよ。
    なんで今週の師匠はこんなに見目麗しくていらっしゃるのかしら。
    ねえねえ。なんだか凄い美人さんがいるよ(あどけなく)。
    某ブログさんの『女優ライティング』発言には笑いました。違いない。
    なので、ザンキさんの顔をガン見しつつ、耳にはザンキさんの発言が意味をなさないように、脳内で一生懸命調整してました。
    ああっ。ザンキさんの声は、ザンキさんの魅力の4割くらいを構成しているというのに。なんてこと。

    そしてザンキさんの麗しさに、
    「こんなク●脚本で真剣に演技させてしまって、本当にすまない。せめて、せめて、綺麗に撮ってやるから、許してくれないか」
    というスタッフの心の叫びが聞こえてきたような気がしましたが、多分私の幻聴でしょう。

    それは冗談としても、病院のシーンは、全般的にみなさんお美しかったんじゃないでしょうか。
    日菜佳ちゃん痩せたよね。凄く透明感が増して綺麗になった気がする。
    トドちゃんはやっぱり前髪ある方がいいね。つーか、絶対前よりカッコ良くなってるって。だって初登場時はなんか微妙にキモかったじゃない(おい)。

    ヒビキさんのトドちゃんお見舞いシーンにしても。
    どおお~~してあんたもそのまま悠長にお話をし始めるかな。

    それよりトドちゃんをベッドに早く戻してあげて!
    ケガが、ケガが悪化する~~~~~。


    と、そっちの方が気になって気になって、全然ヒビキさんの名台詞(?)に集中できませんでした。
    まったく三十路ライダーはどいつもこいつも。
    何が悪いんだ。脚本か、演出なのか、プロットなのか。
    役者のせいじゃないことだけは確かだが。

    だったら、

    「頑張りやさんだな、トドは」
    って言いながら、お姫様だっこ(ヒビキさんなら出来ると思うの、だってあの二の腕だし)でトドちゃんをベットに運んであげて、その後に、
    「今度は俺が頑張るから、お前はゆっくり休め」
    って言ってくれたら、私的に

    神 回


    の称号を与えてあげても良かったんだがな。
    ヒビキさんのセリフ自体は悪くないのに、状況設定がおかしいって。

    予告もなあ。
    見れば見るほど萎えていくのは何故だろう。ここでザンキさんが脱いでても嬉しくないよ。客寄せパンダじゃないんだからさ。

    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    なんだか「大映ドラマ」の様な印象を受けました。以上。
    「牙狼」と「マジ」に続いて、こちらのBGMも「ケータイ刑事」関係の『彼女の情景』と『泪の海(TVバージョン)』です。(続けて書いているので、BGMは同じものにします。)で、本編へ。今回は、ヒビキさん、ザンキさんという先輩・三十路の鬼が実に良いことを語ってくれます。
     怒濤の展開であった今回四十三之巻。トドロキ、鬼に変身できず!!前回のオトロシの踏みつけで重傷を負ったトドロキだが、ザンキよりある意味残酷なことを告げられるのだった
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。