スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『この世界の片隅に』初見直後感想。

    ふせったーにあげてたんだけど、ツイアカがロックされたのでいつ消されるか分からないので、こちらでも保存。
    ネタバレです。


    ふせったーリンク
    http://fusetter.com/tw/g7Rrd







    どっかのライター? が感想で「主人公が結婚したのに子どもができないのは不自然」とかツイートして、このおっさん正気なのかと思わず白目ったね。
    何ですか? このおっさんは、結婚したら子供はコウノトリが運んできたり、キャベツ畑で収穫できたりするとでも思ってるんですか?
    この歳で? この年齢で? そんな認識?
    わーびっくりした。日本すごいね。こんな知的レベルでも編集者やライターヅラができるんだね。
    すごいわ。これだけ妊娠出産に対する知識が大人にないんだもの。そりゃ少子化になるわ。第二次大戦でも滅びなかった日本は、いずれ人口減少で滅亡するんだろうね。

    不妊を匂わせる描写はあちらこちらにあったと思うが、「私たちは不妊なんです」って直接主人公が言わないと理解できないんですか。すごいですね。文脈を読み取る力が全くないんですね。この平成の時代に、生殖知識が戦前並みですか。

    すずさんは嫁いでたった一ヶ月で、ハゲが出来たりするくらいにストレス抱えてたし、食料が足りなくてそこらに生えてる野草つんできて食べてたりしたんだから、そりゃ栄養も足りてなかろうよ。母体に栄養が足りてなかったら、妊娠するだけの余裕なんて体になかろうよ。あれを『にこやかに食材を工夫して乗り切ってる健気な若奥様』としか認識できないんだ。「ひもじい。辛い」ってキャラに言わせなくちゃ分からないんだ。わーすごいねー。自分の読解力の無さを棚に上げて、映画をつまらない扱いできるって、どんだけ厚かましいんだろう。

    て、ぷりぷりしてたら、周作さんが水原さんのところにすずさんを行かせたシーンの意味がわかるようになった。

    あれ私最初見た時、
    (周作さんは文官で自分は戦場に行かないことに後ろめたさがあったんだろうか。そして水原さんは前線で戦う軍人だから、周作さんは水原さんに引け目を感じてしまったんだろうか。そして、すずさんに怒り顔をさせるほど気安い仲の水原さんは、ひょっとしてすずさんと昔は恋人同士で、自分が二人を引き裂いてしまったのだろうか。そう思ってしまったから、水原さんのところにすずさんを行かせるようなことをしたのだろうか。それにしても周作さんひどいな。「お前は俺の嫁。行くな」って言うくらいの気概はあってもよかろうよ)

    とか想像して、もやもやを晴らそうとしてた。なんというかちょっと(どころではなく)納得いかないシーンだったんだよね。

    でもあれさ。

    ひょっとして周作さんは子供ができない原因が自分にあると思っていたのだとしたら?
    だから他の男とだったらすずさんは孕めるのかを実証しようとしていたのだとしたら?

    えぐい。これはすごくえぐい。

    でもそう考えるとなんか違和感を感じまくりだったあのシーンの意味合いが変わってくるし、この説のほうが私は納得できるんだよねえ。物語の最後にたまたま出会った孤児を、二人があたりまえのようにつれて帰る理由もすんなりわかる。


    最後に二人が引きとった戦災孤児は、二人の子ども。そして晴美ちゃんの生まれ変わり。そして失われたすずさんの右手。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。