Many Happy Returns

    ★Sherlock Mini-Episode: Many Happy Returns - Sherlock Series 3


    もーいーくつねーるーとー。

    英国で【SHERLOCK3】がとうとう放映されるんですよっ!


    そっちか? そっちさ。
    私的には日本の正月よりそっちの方がよっぽど重要なんだ。

    ・・・だというのに、日本での放映日すら決まってないこの現実な。

    どうして。どうしてなのっ。
    どうしてエ××××ンしないのよーーーッ!!


    おっといかん、絶望のあまりにうっかり下ネタかましてしまったが、これは昭和のオタクにすら分かってもらえそうにない。何も言わずに分かった人は私と友達になりましょう。とりあえずエヴァンゲリオンではないです。小池一夫先生とクライングフリーマンで検索したらひょっとしたら分かるかもしれませんが、分からなくてもあなたの人生には何の支障もないので気にするな。

    しかーし。クリスマスに放映されたミニエピソードはBBCのYoutube公式チャンネルにアップされたので、日本にいても見ることが出来ましたっ!

    Sherlock Mini-Episode: Many Happy Returns - Sherlock Series 3


    やべえ。7分ちょっとのショートストーリーなのに、完成度が只事ではない。
    これは、ネタバレ回避組も見ておいた方がいいよ。私もネタバレは見ない派だけど【3】に繋がる話になってる。英語難民の人も、探せばファンが訳してくれたブログやらツイートやらが見つかるはずなので、頑張って探すんだ。私もその恩恵を預かった。ありがとうございますだ。


    以下感想。当然ネタバレです。











    有志が既に日本語字幕つけてくれましたよ。いやー、日本の【SHERLOCK】ファンは、レベル高くてすげーよなー。公式よりよっぽど早くて有意義な仕事してくれますぜ。(でも非公式だからこっそり恩恵にあずかろうね)

    もうね、なんなのかと。
    この【ロンドン・ラブストーリー】は一体どういうことなのかと。



    あーのひ あーのとき あーのばしょで きみにあえなかったらあ♪
    ぼくぅらあは いつまでもー みしらぬ たにんの まま♪


    うそっ・・・小田和正の汎用性、高すぎっ!!


    て、もうあのソングが脳内に流れ出したことは言うまでもない。

    でも私的一番の【SHERLOCK】イメージソングは、山崎まさよしの名曲【One more time, One more chance】なんだが。もうこれは全編ジョンシャロソングと言ってもいい。ライヘンバッハ後のジョンの心情まんますぎる。歌詞に「奇跡が起こるなら」とか出てくるあたりがもうシンクロしすぎでおそろしい。


    奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
    新しい朝 これからの僕
    言えなかった「好き」という言葉も


    とか。

    くいちがう時はいつも 僕が先に折れたね
    わがままな性格が なおさら愛しくさせた


    ってもう、あてはまりすぎだろーーーー。

    でまあ本編の話にもどるけど。

    このジョンのバースデーディナーやったのって、時系列で言うといつ頃の話なんでしょうね。私的には、【SHERLOCK2】#1【ベルグレービアの醜聞】よりは前かなって思ってるんだけど。

    シャーロックの「本当はみんなジョンが嫌いなんだ。顔を見れば分かる」って、どういう意味なんだろうね。
    シャーロックにはジョンしかいないのに、ジョンにはシャーロック以外にも友達がいることへの嫉妬?
    内心に含むところがあっても、表面上には仲良くやっているように見せかけている人間達の欺瞞に対する皮肉?
    人付き合いの輪にどうやっても上手く入り込めない自分に対する苛立ち? 

    シャーロックの許容範囲はもの凄く狭いんだろうね。
    【ベルグラービア】、221Bでのクリスマスパーティーシーンで、もの凄くシャーロックがイライラしてたのは、シャーロックにとっては、221Bにはジョンとハドソンさん(と、たまにレストレード)だけいていい空間なんだけど。ジョンの彼女だの、本来はバーツの付属物(ひでえ)のはずのモリーまで来ちゃったから、普段と違う状況自体が嫌で仕方なかったんでしょう。

    それで八つ当たりでモリーたんがヒドいこと言われちゃったわけだけど。
    でもモリーたんは、シャーロックに「すまなかった。許してくれ」って言ってもらったんだからいいじゃない。
    ほっぺにちゅーまでしてもらえたんだからいいじゃない。
    私だったら、たとえ100回の罵倒を受けたとしても、1回のキスで全て許します。ええ許しますとも。
    あの低音美声で罵られるだなんて、それはむしろご褒美。ばっちこーい!

    ・・・失礼。取り乱しました。

    そして、ジョンのブログも連動して更新されてました。ここ読むと、ドラマ内DVD作成の経緯がさらに分かります。

    Many Happy Returns
    http://www.johnwatsonblog.co.uk/blog/05october


    ジョンブログの感想も書きたかったんだけど、既に長くなっちゃったんで、別記事に・・・できるかな? 訳し始めたらドツボにはまってしまった。やばい楽しい。ブログの中身はそんなに楽しくないオチになってたけど。

    -Sherlock, you bastard.-

    そうか。シャーロックは暗黒の破壊神だったのか(違うけど微妙にあってる気もする)。




    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク