スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    温室 The Hothouse 初日

    温室 The Hothouse ブログサイト

    新国立劇場 小劇場
    <スタッフ>
    作:ハロルド・ピンター  翻訳:喜志哲雄  演出:深津篤史

    <キャスト>
    高橋一生  小島 聖  山中 崇  橋本 淳  原 金太郎  半海一晃 / 段田安則



    上演時間は、約2時間。休憩なしです。

    いかにも、英国的理屈っぽさに溢れた舞台っていうか。
    だめだ。これは内容を説明できない。

    I can see what they are doing.
    But I cannot explain why they take such actions.

    これから見に行く人に言いたいのは。

    「考えるな。感じろ!」
    ってことと、
    「体力を温存していけ」
    ってことです。

    役者さんはみんな上手でしたが、寝不足で行くと、確実に寝おちるよ。
    私睡眠はたっぷりとっていったのに、やっぱり途中で気が遠くなったもん。
    そしてこの【眠気】は、つまらないという理由から生じる現象ではないのです。
    【条理】の理屈は意識上のレベルで行われますが。
    【不条理】っていうのは、無意識レベルで行われることです。
    つまり【夢】の中にいるのと近しい精神状態になるので、【眠い】と感じられてしまうのです。
    いつの間にか【悪夢】の中に引きずり込まれていくような【嫌な】感じで。
    終演後もしばらく、体に【重くて嫌な】感じのだるさが残って、なんだかまいった。

    それにしても、なんであいつら、いちいち人の言葉尻に蹴つまずくんだ?
    英国は、言葉遊びとライム(韻)とリズムとナンセンスの文法構造の国だからか?
    原文で読んだらもっと意味が分かるんだろうか? 
    しかし残念ながら、そこまでする元気はない。

    なんかこの、文法構造の解体と再構成を繰り返してるようなセリフの応酬は、最近どこかで見たような気が・・・。
    【SHERLOCK】・・・じゃないなあ。
    あ、円城塔さんの小説だ。
    氏の小説も、こんな感じに文法と言葉の意味をずらしたり崩したり組み合わせたりしながら作ったような内容だ。

    とりあえず今日はここまで。

    役者さんの印象とか、舞台装置の話とか、続きはまた後日。




    ハロルド・ピンター (1) 温室/背信/家族の声(ハヤカワ演劇文庫 23)ハロルド・ピンター (1) 温室/背信/家族の声(ハヤカワ演劇文庫 23)
    (2009/07/30)
    ハロルド・ピンター

    商品詳細を見る


    Self-Reference ENGINE (ハヤカワ文庫JA)Self-Reference ENGINE (ハヤカワ文庫JA)
    (2010/02/10)
    円城 塔

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    06/28 01:22に拍手コメントくださった方
    正直7月は、【SHERLOCK】に絞りたかったのに、他にも色々あるので、あたふたしております。狭い萌えキャパがもういっぱいいっぱい。
    【温室】は・・・実は既に3回チケット取ってて・・・これ以上は増やせないです。すみません。【温室】は、センターステージと言って、中央の舞台をぐるりと客席が取り囲む形になっていて、どこから見ても良く見えると思います。セットも凝っていて、なかなか見応えありますよ。役者さんの芝居も良かったです。
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。