スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    after three weeks

    あの地震からずっと、パラレルワールドに潜り込んでしまったような気分だ。

    これが現実なのか虚構なのか、判然としないことだらけで、ただ漠然とした不安だけが、心にべったりと纏わりついて離れない。

    地震に、津波に、放射能漏れだなんて。
    そんなカタストロフィから始まるフィクションは、たくさんあって。
    例えばこれが映画だったら、「てんこ盛り過ぎて、嘘くさい」って笑えるのに。
    そろそろ世界を救うスーパーヒーローが登場して、強引に総てを解決して去っていくはずなのに。

    現実にはそんな面白いことは起こらなくて、だから事態は変わらない。
    この悪趣味な話のオチが見える気配もない。
    嘘くさすぎる現実には、笑いどころも見つからない。

    本当に、全く、笑えない。


    人間なんて勝手なものだ。
    自分の身に降りかかったことでなければ、分かった振りすら出来はしないのだから。

    『阪神大震災』や『地下鉄サリン事件』を、覚えてはいる。
    でも、どれも私にとっては他人事だった。
    自分が体験したわけでも、身内に被害者がいるわけでもなかったから、テレビモニターでしか見たことのないそれらは、私にとっては擬似フィクションのようなものだった。

    今でも、私は何も失ってはいない。
    でも、生まれて始めて感じた長くて大きい揺れと、このまま地面が割れて落ちてゆくのではないかという感覚と恐怖は、まだ体の奥に残っている。
    私は何も被害なんて受けなかった。
    そんな私だってあんなに怖かったんだから、被災した人たちはどれだけ怖かったんだろうと思うと、やりきれない。
    そしてそんな怖い思いをした人たちが、いまだに体育館のようなところで不便な思いをしていることも、いたたまれない。

    地震と津波は、天災だ。
    だから誰のことも責められない。

    最初はそう思っていたけれど、誰のせいにも出来ない哀しみをただ持ち続けるのは、とても重くて苦しいことで、だから哀しみは容易く怒りに変化してしまう。

    地震と津波は天災だけど、原発を作ったのは人間なのだから、放射能漏れは人災だ。
    ろくに会見にも出ず、何の説明もせず、責任も取らずに病に逃げた電力会社の社長には、
    「あんたはのうのうと治療が受けられていいご身分ですね。さっさと被災者に、あんたの資産と会社の保養所と社員寮を明け渡せ!」
    って胸倉つかんで怒鳴りつけてやりたかったし。

    「天罰」とかほざきやがった都知事には、
    (こいつの頭上にこそ天罰が下ればいいのに)
    と思ったし。

    人の不幸で『震災バラエティ』作って垂れ流しやがった民放局には、
    (民放周辺をピンポイントで計画停電させるのが、一番の電気の節約だし、くだらない上に不快な番組の制作費を被災者に回す方が、よっぽど世の中のためになるのに)
    と思ってた。

    でも、怒りは、人を消耗させる。
    だから今の私は怒りに消耗させられて、とても気が滅入っている。

    『不謹慎』や『自粛』という言葉に対して、反発は覚えるけれど。
    そんなことを他人に言われるまでもなく、今の私はフィクションや物語に対して、心が動かなくなってしまっている。
    ほんの一ヶ月前までは、物語の持つ力をあんなに無邪気に信じていたのに。
    何の理由も意味も理屈もない、ただの不条理な現実の前には。
    物語の持つ秩序や整合性では太刀打ちできない。


    一刻も早く、被災した人たちが、安全で安心な場所に移ってほしいと願っている。
    雨風をしのげる暖かい場所で。
    自分だけの寝具があって、プライバシーも保たれる場所でゆっくり眠れて。
    並ばなくてもお腹いっぱいに食事ができる。
    そうした生活が保障される場所に、辿り着いてほしいと願っている。

    そうしたら私も救われるから。

    私は今喜んでいいのだろうかと、あたりを見回したくなったり。
    何かを楽しむ事に、罪悪感を抱いたり。
    そんな風に、自分の感情を疑わなくてもすむようになるはずだから。

    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Re:
    被災地の方々の苦労を思えば、私なんかが泣き言を言ってる場合ではないのですが、ねぎらってくださってありがとうございます。

    地震直後は、一種のショック状態だったのか、むしろ頭の中が変に冷静だった気がするのですが。
    時間が経つ程、どんどん頭の中がぼんやりしてきて、やる気が出ないし、集中力も落ちてきています。
    でも、無事だった人間は、被災地の人達を支えるためにも、落ち込んでいるだけじゃいけませんね。
    私も、心はいつでも瑞々しくいたいです。
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    Re:
    コメントありがとうございます。

    また、どう考えても私よりも大変そうな方に、励まされてしまいました。
    私なんかただの、気持ち悪いだけのオタクなのに、なんで皆さん優しくしてくださるんでしょうか。

    Kさんのブログ、読ませてもらってました。他所さまのところにコメントするのが苦手なので(理由は、うかつに気持ちの悪い事を書いてしまって、他人様のブログを汚してしまいそうだからw)、読み逃げ野郎ですみません。
    本当に私には祈る事しか出来ませんが、東京の片隅から
    「早く家人さんが良くなりますように」と念を送っています。
    Kさんも、無理をし過ぎませんように。ご自身の事も労ってあげてくださいね。

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    Re:
    コメントありがとうございます。
    私なんかよりも、ずっと大変な方に励まされてしまうなんて、情けないですね。ヘタレな泣き事を書いてしまいました。

    私が嘆いても怒っても、世界が何も変わらない事に絶望して、陰々滅々としていたのです。
    でもやっぱり、怒りの言葉を発すると、自分も苦しいし、読んでる人にも嫌な気持ちが伝染しますよね。
    自分が普通の生活が出来ていることに感謝して。自滅してしまわないように。頑張り過ぎず、無理し過ぎず、普通に頑張ります。
    これからは、「萌えー」とか、「もげー」とか、また普通に書いていきたいと思います(笑)。

    Sさんも、無理し過ぎませんように。体を大切にしてください。
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。