舞台『薄桜鬼』感想<役者編2>

    なんかもうほんとに今さらですけど、
    舞台『薄桜鬼』、役者さん感想その2です。
    基本的に順不同&敬称略です。そしてやっぱり長いです。


    <風間千景役/木村了>

    出てきていきなり千鶴に、
    「お前はオレの嫁」
    って言い出したのがすっげー面白かったんだけど、何で他のお客さんは誰もここで笑わなかったんだろう?
    そうか。ここは笑いどころじゃないのか。やっぱり私の笑いのツボは変なんだな。
    彼は、長身ぞろいの出演者達の中、結構小柄だったんで、舞台上での見栄えという点では、ちょっと不利だったかもなあと。
    ただ、やっぱり舞台経験は結構ある人のせいか、芝居は凄く安定してたし、土方さんとの殺陣勝負も、あの早乙女君と互角にやってるように見せてて、見ごたえありました。


    <雪村千鶴役/黒川智花>

    紅一点のヒロインですが、見てて苦痛を感じ程のウザさを感じることもなく、見た目も可憐でよかったんじゃないでしょうか。で、この人は下手じゃないんですが、この独特の演技はいったい何なんだろうなと思ったら、ヅカの娘役っぽかったです。全体的に。


    <雪村網道役/木下ほうか>
    回を重ねるごとに、得体の知れなさと、娘ラブっぷりに気持ち悪さが増してました。


    <天霧九寿役/RYO(ORANGE RANGE)>

    芝居は初めてということで、見る前は一番の不安要素だったんですが。

    すいません。音楽の世界で一時代を作った人をなめてました。(土下座)

    魅惑の超低音ボイスだし、あの役に凄く合ってました。ちゃんと役者でした。
    本当に演技って、出来る人は最初から出来ちゃうんだなあ、やっぱ才能ってある人はあるんだなあと感心してしまいました。


    <藤堂平助役/武田航平>

    デカイことを除けば、元キャラにもっとも似ていたと評判の彼。でも、2幕で髪切って洋装になったら、誰だか分からなくなっちゃったけどw 
    無邪気にきゃっきゃしてて、アドリブ飛ばしたり、千鶴の手を引いて逃げたり、なかなかおいしい役の人でした。


    <山南敬助役/川岡大次郎>

    舞台から帰ってきて、ダンナ(アニメ視聴済)にパンフ見せたら、
    「山南さんが、そのまんま過ぎる! 似過ぎ!! 本当にこんな顔」
    って爆笑してた。
    うん。山南さんは、ハンサムだし長身だしで、ビジュアルは完璧でしたな。
    噛み様だったけど。
    役柄的には、凄く美味しいヒールっぷりでした。
    あと、割とどーでもいいんだけど、気になった台詞が。
    土方さんのことを評した、
    「鬼の副長は伊達じゃない・・」
    て言う台詞は、別にギャグじゃないんよねえ。
    (ダジャレかよ!)
    って、私が内心突っ込んでたことは、ここだけの秘密。


    <斎藤一役/中村倫也>

    WOWOWで放映された舞台「バンデラスと憂鬱なコーヒー』で、一人6、7役をこなしてて(この人上手いなあ)と記憶に残っていた役者さんでした。
    『寡黙でストイック』、という設定のせいか、そんなに口数は多くなかったんだけど、静かな存在感があって、そして台詞の口調と声質がとても素敵でした。
    口跡が良いっていうのかな。
    マイクを通さずに、生の声を聞きたいなあと思ってしまう人でした。
    私はこういう、地味~に上手い役者さんに心惹かれてしまうのです。

    しかし、他のブロガーさん達の感想読んでたら、斎藤さんは着物だったので、殺陣のたびに裾がはだけて、

    大変なセクシー状態になってたらしいぞ。

    ええええ? 私ちゃんと斎藤さんのことも、がっつりチェックしてたはずなのに、そんなん全然気づいてなかったわ。
    な、なんで? なんで覚えてないの?
    左之さんの胸筋とか、新八っつあんの二の腕とか、不知火たんの剥き出しの肩とか、そんなところにばかり気をとられていて、斎藤さんの足の方まで気が回らなかったせいなの?
    なんてことだ。
    上半身よりも、太ももチラリズムの方が難易度高いのにっ!(何の話だw)
    と、ここまで書いて、そういえば私の席だと、前の席の人の頭が邪魔で、役者の足元が見えなかったって、書いてたじゃないか。むー。本当に物理的に見えてなかったんだ。くそ。なんだか悔しい。

    それはさておき。
    この人って左利きじゃないんだよね。
    『薄桜鬼』公式ブログでは、右手でペン持って画伯っぷりを披露してたものねえ。
    利き手じゃない手であれだけの居合いって、もの凄くね?
    でも彼の場合、さらっと芝居が巧過ぎて、全然違和感なさすぎて、その凄さに気づいてもらいにくいのかもと思ったら、ちょっと彼が不憫になったwので、
    居合い凄かったよ! 上手かったよ!
    って、そこはアピールしておこうと思います。

    さらにこれは、ひんしゅく買うことは覚悟で言いますけど。

    倫也くん、クドカン先生にちょっと似てない?

    ・・・・・・私ひょっとして、ああいうなんか、うぞっとした感じの顔が好きなんだろうか?
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうかも。


    <井上源三郎役/杉山彦々>

    基本、シリアスなストーリーの中、数少ない癒し系担当。
    源さんがしゃべると場が和んだ。
    でも、非戦闘員の割には、殺陣が上手かった気がします。
    文字通り死に物狂いだったからかな?


    <近藤勇役/坂本爽>

    私、新選組のことはあんまり良く知らないんだけど。
    『薄桜鬼』の近藤さんが、凄くおおらかな人格者で、世の中を良い方に変えたいと心底思っていて、でも部下達は自分を崇拝しすぎたあまりに狂信者みたいになっちゃって、それが本当はつらくて、神輿から下ろされる日をずっと待っていた。
    ということが、なんだか彼の演技から凄く伝わってきました。
    役者さん自身は、若くてハンサムさんなんだけど、雰囲気や声が、どっしりしてて良かったです。


    <島田魁役/橋本望>

    長身痩躯で、大変洋装の似合う『死体運び担当』(こらこら)。
    アニメよりもずいぶん見た目がかっこよかったですな。


    <原田左之助役/橋本淳>

    まあ、マジレッド、大きくなって。
    っていうか、彼マジでデカいよ。
    いや、別に駄洒落を言いたかったわけじゃないんだけど。
    180センチは超えてるよね。
    長身小顔で、手足も細くて長くて、和装もいいんだけど、洋装もまあ似合うこと。
    着痩せ隠れマッチョで、長い槍振り回しての殺陣も難しかっただろうに、きっちりばっちりこなしてて、かっこよかったです。
    パンフやクレジット順から予想されるよりも、ずいぶん見せ場がありましたなあ。


    <不知火匡役/伊右典>

    ゲームもアニメも良く知らない私が、
    (設定画そのまんまだ・・・)
    と一番思ってしまったのがこの人。
    この人は唯一の銃使いなのですが。
    左手を腰にあてて、右手でジャキンッと銃を構えたときのポージングが、もう、完璧なカッコ良さ
    なんだこれ。なんだこれ。
    3次元でこの決まりっぷりはおかしいだろ。
    これは、ゲームの一枚絵とか、アニメの決めポーズとか、そういう2次元のカッコ良さだろ。
    うっそー、これ立体? ありえないありえない。 
    そして動きも、和風の殺陣じゃなく、洋風のダンサーの動きで、アクロバットなんかも決めちゃったりして、まあ目立つのなんの。
    物語後半は、何故か左之さんと友情を深めあっちゃってて、

    なんだこの腐女子ホイホイ

    と思ったことは、ここだけのひみちゅ。



    <永倉新八役/中村誠治郎>

    長身で甘い感じのハンサムで、ほぼ唯一のコメディリリーフでした。カッコ可愛かった。
    笑いを取るべきところで、毎回客席が沸いてました。
    シリアスを真面目にやることはそんなに難しくないけど、笑いを真面目にやって人を笑わせるのはその何倍も難しいよね。
    自分に期待されてることに、ばっちり芝居で答えてました。
    この人のブログも面白いわあ。
    役柄も見た目もマッチョだけど、なんか中身も凄い筋肉馬鹿よ、この人(超褒め言葉)。

    「筋肉は褒めると伸びるとです!」

    だって(笑)。
    やだもう。変なツボに入ってしまったじゃないか。
    なんだか可愛いなあ、この人。
    そっか。筋肉も褒めると伸びるんだ。いいことを聞いた。
    じゃあ褒めたげるね。

    新八っつあん、とっても良い二の腕でしたよっ!
    やっぱり、筋肉は正義だよねっv


    2月のクリエ『深説・八犬伝』観に行くから、殺陣と筋肉増量しといてくださーい
    そんでもって、そんでもってっ!

    高橋一生氏と背中合わせで共闘しちゃったり。
    男の友情を深めてしまったり。
    ボケとツッコミな会話しちゃったり。
    でも正当派のヒロイックファンタジーだったり。


    そういう方向の舞台が見たいんで、ひとつよろしくお願いします。
    って、それは作・演出の人に言うべきことだろうけど、
    ひょっとしたらここに書いといたら、演出家の西田大輔さんにも届くかもしれないから書いておこう。
    届け、私の願いっ☆



    えーと、これで、パンフに載ってたレギュラー陣は全員書いたかな? 抜けてたらこっそり追加するので、こっそり教えてください。
    最初は印象的な人だけと思ってたのに、結局みんな書いちゃったよ。

    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    拍手レス:11/07 02:01にコメントくださった方へ
    せくしいな斎藤さんが見られて良かったですね。
    私も、もっと早くそれが分かっていれば・・・
    拍手レス:11/03 18:39にコメントくださったMさんへ
    私も、熱烈なファンというわけではないですが、倫也君は「なんかイイなあ」と、気になる役者さんになりました。
    彼がトンデモドタバタコメディドラマで主演したりしたら、本格的に彼にハマるような予感がします。
    ていうか、出てくれないかなあ。怪奇大家族とかドグちゃんみたいなやつ。
    拍手レス:11/02 21:37にコメントくださったtさんへ
    最前列で太もも見たですか。いいですな、いいですな。それは眼福ですな。うう、私もチラリズムに悩殺されたかったです。

    倫也君は、元々殺陣を習ってたらしいので、それで斎藤さんにキャスティングされたのかもしれないですね。
    拍手レス:11/02 14:57にコメントくださったYさんへ
    感想の感想、ありがとうございます。
    褒められると調子に乗るので、今後も素敵なものを見たら、忘れないうちに感想を書こうと思います。長文癖の上に書くのも遅いんですが、今後も忘れた頃にのんびりとupしていきます。

    『薄桜鬼』は、本当にいい男ぞろいで、目と心の保養になりました。
    男前を観ると癒されるので、今後も言霊を飛ばしまくって、『こういうのが見たい』という願望がかなえられるように呪って、いや、祈っておきます。
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク