「MM9 」第5話『『気特対』、出動せよ』

    今週は面白かった。怪獣を観測分析して、習性と進路をつきとめるっていう、『気特対』のお仕事描写をがっつりしてたし。
    ていうか、普通のドラマならこれが第1話だよね。
    特撮ガンガンきてたから、そういうのが好きな人は大喜びでしょう。
    『気特対』のシーンは、もの凄く、舞台劇みたいな雰囲気だったけど。やっぱり総監督は、舞台好きなのか?
    しかし、会話の端々と小ネタに、もの凄いアニオタ臭がしました。

    てか、劇中内『12ちゃんねる』に、どさくさに紛れて
    『プリンセスチュチュ』の映像を仕込んだのは誰だ!
    田口君? 樋口君? どっち? 伊藤君じゃない気がするぞ。

    プリンセスチュチュ 1(un)<初回限定バレエ音楽収録CD付> [DVD]プリンセスチュチュ 1(un)<初回限定バレエ音楽収録CD付> [DVD]
    (2002/12/25)
    加藤奈々絵矢薙直樹

    商品詳細を見る


    説明しよう!
    『プリンセスチュチュ』とは、バレエとクラシックが重要なモチーフになっているアニメ作品で、主人公のあひるは変身してプリンセスチュチュとなり、バレエを踊ることで敵と戦ったり、王子様を守ったりします。

    え? 分かんない?
    私も書いてて何が何だか分からないよ。
    でも、私のダンナが大好きで、

    「おくさん。これは本当に素晴らしいから、お願い見てー」

    言われて、強制的にDVD見せられて、隣でいかにこのアニメが傑作であるかについて滔々と語られたわけだけど。

    ごめん。私バレエにもクラシックにも興味がないから、全然分かんないや。
    山岸涼子の『舞姫ーテレプシコーラ』なら、面白く読んでるけどな。てか、テレプシ来月最終回ってマジー?


    でも、ある種の嗜好(※1)を持つ人には、『チュチュ』は異常な人気を誇るカルト作品らしいっすよ。
    そうか。田口君か樋口君は、こういうのが好きなのか。

    で、ダンナに
    「今週の見たらびっくりするよ」
    とだけ言って、ドアの陰からニヨニヨしながら視聴中のダンナを観察したら、案の定うろたえてた。

    「な、なんで? なんで? 『チュチュ』やってたのは、12ちゃんねるじゃないのに

    そっちかよ。



    ※1(博覧強記的なオタク知識を持ち、純愛モノが好きなロマンティストで、いわゆるKEYゲーを好み、「CLANNAD(クラナド)は人生」とか言っちゃうような人)←私的調べ。調査対象は主にダンナ



    しっぽの怪獣。
    命名、「シッポン」
    ゆるキャラかよ!
    てツッコミは面白かった。

    しかし、なんだかヒワイな造形だわねえ。
    深夜ドラマだからって、男ってやーね。
    って思ってたら、
    しっぽじゃありませんでした。
    つーかこれって。

    ミカヅキさんに『生殖器』って言わせたかっただけだろー!

    ほんとに、男ってやーね。
    モザイクかけたら、余計やらしくなるだろ。馬鹿な小ネタだなー。笑ったけど。笑ってる自分がもの凄くダメな気がする。

    しかし、シッポンのやってることが犬のマーキングと同じっていうのは、まだ制作者の良心(と幼児性)を感じさせるよね。これが特撮じゃなくてスプラッターかホラーだったら、あの液体はピーーーッで、求めるものはマーキングじゃなくてピーーーーッになるから女を襲うよ。
    やだこわーい(棒読み)。



    <今週の灰田班長>

    ・今週は先週より、キレイに撮ってもらってた気がする。やっぱ、真剣な顔でモニターを見ているうつむき加減の表情が素敵

    ・ミカヅキさんが「なんでもいいです」って言うから、味噌ラーメン渡そうとしたら、
    「塩ないですか?」って言われて、おろおろする班長が超かわいい。で、結局その味噌ラーメン班長が食べてたのね。優しー。
    しかし一部ファンの間では、その後ラ王を探す旅に出る人がいるなか、ラーメンじゃなくて『プリンセスチュチュ』に反応しまくってた私って、やっぱりなんか一般的じゃないのね。

    ・ミカヅキさんの爆弾発言のあとの、灰田班長の(ええっ?)みたいな顔はリピート決定。


    <おまけ:今週の森橋君>

    19歳が「くう~~ん」てワンコの真似してた時には、スゲエ朗らかな顔をしていたのに、同じことを山際君がやったら、もの凄くイヤそうな顔をしていて吹いた。


    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    拍手レス:08/18 00:18にコメントくださった方へ
    6話辛口感想。書こうと思えばいくらでも書ける気がしますが、また身も蓋もないこと書きそうです。
    父と娘の関係が近親相姦を想起させて、生理的にキモチワルイというか、娘から愛されたい父親の願望が透けて見えるのは、本当にキモイから止めろとか。
    藤澤の性格を改悪した理由が心底分からないとか。まあ色々と。
    ていうか、コメント欄じゃなく、書くならエントリで書けって話ですよね。すみません。

    なーんか、全体的に話のピントが合ってないんで、見てて、もやもやしてくるんですよね。いつになったらレギュラーのキャラがはっきりするんでしょうね。

    拍手レス:08/16 23:35にコメントくださった方
    『プリンセスチュチュ』は、私には話の構造が複雑過ぎて、何だか良く分からなかったんですが、ダンナは号泣してましたw
    つくづく趣味が合いません。

    5話はオーソドックスに面白かったので、こういうのをドラマの前半にもっとやるべきだと思うんですけど、6話でまた「あーあ」と思ってしまいました。
    いや、あれがオムニバス作品、例えば『ウルトラQ』の中の一編だと思えば、6話はそれなりに出来の良い話だとは思うんですが、『MM9』というドラマとしてはどうなんだろう、と思いました。
    て、感想にしてアップすればいいんですよね。でもなんか、また辛口なこと書いちゃいそう。4話はちょっとヒドい事書き過ぎたかな、とちょっと反省中です。直さないけど。

    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク