『MM9』試写会レポ1 <監督編>

    というわけで、実はこっそりと先日TBSで行われたブロガー試写会に潜り込んでました。
    行く前は、
    (濃い特撮オタさんばっかりで、女私一人だったらどうしよう~)
    って、びくびくしてたんですが、1/4くらいは女性がいたのでちょっと安心しました。

    というわけで、晴れて試写会情報解禁日になったので、レポアップします。
    ブログレポ用の資料が入ったCD-Rをもらったよ。
    なので使うよ!
    あと、関東の人に朗報だよ。放送局が増えたよ!

    ●TOKYO MX 7月10日(土) 26:30~(予定) 

    というメールが昨日来たので、さっそく書いたよ。
    ちゃんと私、義務を果たしたよ。
    だから、担当者の方、これ見てたら、お願いだからさっさと私の個人情報をデリートしちゃってください。
    個人情報、つまりオフ人格の私とこのブログが結びつけられるのが堪え難いのです。
    私、オンとオフは別人格でやっているのです。
    そうでないと自分を保てないのです。
    そこのところよろしくお願いします。

    ストーリーについては書いてないのと、アレとかコレとか書かない方がいいかもしれない固有名詞とかは伏せ字にしてはありますが。
    『ネタバレは絶対イヤ!』という方は、1話放送後にまたおいでくださいませ。

    取り急ぎ、<樋口監督編>です。

    これから、高橋一生氏主演舞台『エネミイ』を観に行ってくるので(2回目~♪)、<役者編>は明日以降にアップします。

    質問・感想・「コレはまずい」的なダメ出しなどありましたら、拍手コメかコメント欄からよろしくです。

    じゃ、行ってきまーす。


    「MM9」メインビジュアル


    TVドラマ「MM9-MONSTER MAGNITUDE-」概要

    ~守ります。人と自然とこの地球~
    もし特異生物“M”(モンスター)が現れて大災害を起こしたら? 気象庁は国民の平和な暮らしを守るため、【気特対】を設置。“MM(モンスター・マグニチュード)”
    という数値でM災害の予報を出す。台風や地震と同じように……。
    「MM9」は、その【気特対】で働く国家公務員たちの、ちょっとおかしな仕事ぶりを描いたテレビドラマだ。アニメ「機動警察パトレイバー」の伊藤和典がシリーズ構成と脚本を担当。平成『ガメラ』三部作、『ローレライ』の樋口真嗣が総監督としてテレビドラマに初挑戦。普通の公務員がM災害や怪事件に立ち向うとき、笑いと興奮と感動とが同時に生まれる。
    「MM9」とは、そんな奥の深い新鮮な職業ドラマなのだ!

    <放送情報>
    MBS他にて7/7より放送スタート!!!!
    MBSにて7/7(水)深夜25:30放送開始。
    TOKYO MX 7月10日(土) 26:30~(予定) NEW!!
    BS-TBSにて7/10(土)深夜27:00放送開始。
    CBCにて7/16(金)深夜26:30放送開始。

    <番組概要>
    タ イ ト ル:「MM9(エム・エム・ナイン)-MONSTER MAGNITUDE-」
    出演者:石橋杏奈/尾野真千子 
    高橋一生 中村靖日 松尾諭  皆川猿時   加藤貴子   松重豊
    原作:山本 弘「MM9(エムエムナイン)」(東京創元社刊)
    脚本:伊藤和典 
    総監督:樋口真嗣 
    監督:古厩智之 及川中 登坂琢磨 田口清隆
    製作 :MM9製作委員会/毎日放送
    制作 :ゼネラル・エンタテイメント
    © 表 記 :2010「MM9」製作委員会

    <MM9オフィシャルサイト>
    http://mmmmmmmmm.jp/

    場面写真4


    場面写真3

    場面写真5

    © 2010「MM9」製作委員会






    樋口監督は、すんごい低音美声でした。
    そして、もの凄く饒舌な人でした。
    (ひょっとして、一杯飲んできました?)
    と思ってしまう程、ゆらゆら揺れながら、一人でよどみなく喋ってらっしゃいました。
    あの声で、喋っていることがオタク語り以外の何物でもないというのが、なかなか『ギャップ萌え』をそそるものがありましたね。
    こういうサービス精神があるのは、良い監督ですよ。
    なんだかちょっと、監督のことを好きになってしまいました。

    以下、監督の発言で覚えているところを箇条書き。脳内記憶だけに頼っているので、勝手に私の脳内で要約してあります。ニュアンスはちょっと違っちゃってるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。


    ・自分は今まで映画しか撮ったことがないが、そんな自分がドラマの仕事を受けたのは、ドラマの長い枠でしか撮れないものを撮ろうと思ったから(ちょっとこのあたりうろ覚え)。

    ・自分が最初に撮るとみんな壊してしまうから、別の監督に最初に撮ってもらって、自分は最後の方を撮った。

    ・1、2話は完成した。最終話はまだ編集中。今日も編集を途中で抜け出してきた。もう今日は(試写会来ちゃって)出来ないから、明日以降にやる。今日やることは明日やるのが自分のモットー。

    ・気象庁の協力は断られた。怪獣退治は気象庁の実務じゃないかららしい。

    ・「『サブタイトル』つけるの忘れてた。ツイッターとかで公募しようか? 『バ●とテストと召還獣』みたいに説明的なのがいいんじゃないかと。


    <質疑応答>

    Q.「これからどんなMが出てきますか?」
    A.(大人の事情で言えないらしい)。
    「Mは、皆さんの心の中にいます」

    Q.「海辺の穴はどうやって掘ったんですか?」
    A.「ユンボで掘って、シャベルで整えて、海水で固めた。CG処理だと、どうしても役者が『ないもの』を見ている感じになるので、実物でやりたかった。某所のHPでロケの現場を『巨大××が上陸!』って書かれたため、(ひょっとして×××の新作を撮ってるのか?)という誤情報が乱れ飛んでしまった」

    Q.「ミカヅキの部屋の××は、やっぱり×××つながりですか?」
    A.「あれレンタル料が高いんですよ。一日15万(?)だっていうから、それならいらないって言ったんですけど、知り合いが飼ってたので、借りました」

    Q.「ナレーションが××××さんなのは、やっぱり××××つながりですか?」
    A.「自分的には、渡鬼です」


    私も本当は、質問したかったんだよね。

    「あのっ、原作読んで、全員のキャスティングがぴったりで、スゴく絶妙だなと思ったんですけど、それぞれのキャストを選んだ決め手とか、良かったら教えてください!」

    って。

    なんで聞かなかったのかって?
    そんなの、

    Ustreamに映っちゃったらイヤだからだよっ!

    配信されてなかったら、その場で聞いたのに。

    特に班長について!
    何でですか? いつどこで彼を見初めたんですか?
    『怪奇大家族』ですか? 『医龍2』ですか? 
    それともまさかの『ガス人間第1号』ですか?
    そこ、もっと詳しく!
    それはとても大切なことなので(極めて個人的に)、いつかどこかで、じっくりゆっくりたっぷり語っちゃってください。
    出来れば紙媒体がいいです。特撮ニュータイプあたりがいいな。
    さもなくば、DVDの特典でよろしくお願いいたします。


    というか、試写の前にメールアンケートで質問を受け付けておけば良かったと思う。あの場で変な質問をした人はいなかったけど、『今は答えられない』ことが色々あったみたいなので、その方が安全だったのにね。


    <役者編>に続く。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    >アイアイ さん
    ほんとに、『ドグちゃん』といい、こんなおもしろげなものを地上波で流さないT×Sには、本当にろくな人材がいないんだと思います。
    MBSの登坂さん、頑張れ、超頑張れ。

    DVDは出るはずだと思うので、レンタルされたら見てください。
    そして、一生くんと窪田くんを一緒に応援しましょう。ふふふふふふふ(怖)
    原作者のファン
    私も原作者(元・山本弘のゲームリプレイファンです)が気になって。
    みたいな~と思ってるんですが。
    かなしことに放送の空白地帯な我が家では放送予定がありません。
    DVDになったらレンタルするのに~。
    …と放送前からつぶやいてみます。
    >アメリさん
    覚えてますよー。当たり前ですよー。
    アメリさんが試写会に来てくださっていて、良かったです。(いらしてるとは知りませんでしたが)。
    私本気で、(女が自分一人だったらどうしよう~)っておびえてて。
    もしそうだったら、帰ろうかとも思ってたんですけど。
    女一人じゃなかったので、密かに心強かったです。

    私は、自分が特撮ファンだとは思ってないんですよー。
    特撮ファンていうのは、もっとこう、図鑑的知識を持っている人じゃないと、名乗っちゃいけないと思ってるんです。
    でも私、樋口監督の言ってることは8割方分かってしまいましたが。
    あれ~。おっかしいなあ~。
    お久しぶりです
    美夜さん、覚えてらっしゃいますでしょうか?
    時々コメントにお邪魔していたアメリです。

    まさか時を経て、あの試写会で同じ時間を
    過ごしていたかと思うとあまりの偶然に
    びっくりです。

    特撮素人の私はミーハーに落書きしただけでした・・・
    さすがは美夜さんです。じっくりと
    楽しませて頂きましたm(__)m
    拍手レス:07/03 11:37にコメントくださった方へ
    ご期待通りに行ってました(笑)。
    結構厳しい箝口令が敷かれてて、
    『7/3(土)午前9:00~7/7初回放送日ま
    での期間にブログに記事をあげてね』
    って言われたので、私は律儀で勤勉なオタクなのでその指示に従いました。
    明日アップする予定の記事も、良かったら読んでくださいね。
    >ガメラ医師 さま
    コメントありがとうございました。
    ガメラ医師 さまのブログは、以前私も『MM9』で検索かけた時に見させてもらってました。
    こんな辺境ブログを紹介していただき、ありがとうございます。
    私は特撮ファンなどとはとても言えない中途半端なオタクなので、いろいろと申し訳ない気分です。
    >編集人さん
    コメントありがとうございました。
    編集人さんのところも見させてもらいました。

    あの質問の方ですかー。
    私、エンディングで氏の名前を見て、
    (へーちゃんっ! なんで? なんか特撮出たことあったっけ?)
    って思ってたので、あの質疑応答を聞いて、
    (さすが、本気のファンはちゃんと分かってるなあ)と思ってました。
    ナレーターさんの名前は、ニュースサイトさんとかで思いっきり書かれてたんで別に書いてもいいと思うんですけど、なんとなく伏せてみました。
    深い意味はないです。
    特撮オタなら分かるだろうし、分からない人には見ていただこうと思って。

    へーちゃんて書いとけば良かったのかしら?


    美夜さま、ごめんください。
     突然のコメントで、誠に恐れ入ります。
    はじめまして。 私は、「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。映画ガメラに関連する情報収集Blogを更新しており、今回こちらの記事には「MM9」の検索から参りました。
     MM9ブロガー試写会の詳細レポ、興味深く拝見させていただきました。拙Blogでは従来より、樋口&伊藤コンビの新作特撮ドラマ「MM9」に付いての情報をまとめておりまして、この度7月3日付けの更新、
    「樋口監督の新作怪獣ドラマ、「MM9」試写会情報解禁 2010/07/03」
    中にて、こちらの試写会情報を紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
     長文で、誠にご無礼致しました。それではこれにて失礼します。
    ナレーションの質問をした者です。
    6/30にTBSにいた者です。
    お疲れ様でした。
    自分も今回のブログは超がつくロングな内容になってしまったので、2回に分けました。
    自分はもう少しネタバレしちゃいましたが、まあ生中継しちゃったんだったら、このくらい笑って済ませろっていうレベルでしょうか。
    もしよろしければ自分のブログにも遊びに来てください。
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク