スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『SOIL ソイル』 BLOCK 8 (最終回)

    映像の綺麗さに騙されてたけど、なんだかこれって、思ってたよりもバカドラマ(褒め言葉)だったんだなあ。
    全部の謎が解き明かされたわけでもない気がするんだけど、後味が良かったのと、ちゃんと『THE END』で終わってたので良かったと思います。
    なんかすっきりした。
    これが『To be continued』だったら、キレてたよ、私。

    私は終わり方を3種類くらい予想していて。
    一番ヒドいオチは、
    『ベルセルク』の『蝕』みたいなのが起きて、そいる住民殲滅エンド(主役含)
    だったのですが、そんな凄惨な事にはならなくて良かったです。


    じゃ、以下はネタバレ感想。
    ネタバレオッケーな人のみどうぞ。


    漫画家の篠房六郎は、SF作家の伊藤計劃(故人)と、

    『どれくらいタワけたプロットの話を捏造できるか ?。
    そして出来たしょーもねえ作品群を世間にブン投げて 、どれだけテロることができるのか』
    (*1)

    という馬鹿話を良くしていたそうだけど。
    『SOIL』も割とそういう方向性のドラマだったと思う。
    ベースになってるのはとことん下ネタだしねえ。
    そのネタ、中坊神経あたりから出してきてるでしょ?(*2)

    セキトミコンビの女体への子どもっぽい憧れは、清水監督の志向で。
    健人君の陰鬱なリビドーは、雄大監督の志向かしらね。


    そしてそういうの見てへらへら笑っている私も、大概どうかしてますね。
    うん。分かってる。ほっといて。



    <最終回の片栗君EX>

    ・片栗君、あんな始まってすぐに起き上がるんだったら、やっぱり先週の最後に復活しとけば良かったのに。
    そして前回の感想で書いたような『頭ぽんぽん』をやっておけば良かったのにー。
    そういう様式美は大切だと思うの、私。
    起き上がってゆらゆらしてる片栗君は可愛かったけどさー。
    というか、弾当たってすらいなかったのかよ。
    最終回予告で、倒れてる片栗君の首筋の辺りが光ってたから、
    (小野田ちゃんの愛の力で復活するのかしら?)
    って思ってたのに。
    『マトリックス』ってそんなオチじゃなかったっけ? 
    なんか、ヒロインのちゅーでヒーローが復活すんの。
    (どっちが姫だよ!)
    って盛大につっこんだ記憶があるんだけど、中盤ほとんど寝てたので記憶が適当。
    違ってたら、教えてください。直します。


    ・そしてやっぱり前回の感想で、
    『片栗君は、一ノ瀬先輩に抱きついて、勢い余ってそのまま押し倒しちゃえばいい』
    って書いといたら。

    一ノ瀬先輩がヅラ刑事さんを押し倒してますた。

    これはまさかの超展開!(違)

    それにしても、なんて麗しくない絵面w
    うん、ビジュアルって大切だわ。
    やっぱりここは、片栗君と戸北先生でどうにかして欲しかったよねっ!(何の話だ)


    ・だからといって、ヅラ刑事さんに乱された一ノ瀬先輩のパジャマを、当たり前のように整えてあげる片栗君の姿を、見逃したりなんかしないさ。


    ・取りあえず、巨大化した水紀ちゃんには笑うしかなかったですが、やってることが一貫して下ネタ(しかも何だか壮大)なのには腹を抱えて笑わせていただきました。


    ・つまり、健人君(現実)と水紀ちゃん(非現実)が合体して、新たな平行世界を生み出したとか、そういう話か。


    ・異世界に飛ばされた小野田ちゃんですが、無事に戻ってきました。
    だから、女優さんになんつーカッコをさせてんだっての。
    片栗君と小野田ちゃんは、手と手を取り合って喜んでましたが。

    そこはハグだろー!

    しかし、小野田ちゃんが現れた瞬間に、
    「うわ、くさっ」
    って避ける片栗君を私は一瞬幻視してしまって、
    (いくら何でもそれはひどい)
    と思ったので、そうはならなくて良かったと思います。
    いや、それだとホントにヒドいから。


    ・まとめると、高橋一生君の力の抜けたコメディ演技が、いっぱい見られて良かったでっす。


    ・それで、DVDにはなるのでしょうか?
    映像特典いっぱいつけてください。よろしくお願いします。




    (*1)篠房六郎日記  伊藤計劃への追悼文が泣けます
    (*2)新装版 家政婦が黙殺 篠房六郎短編集 (KCデラックス)所収『中坊ですよ』より。

    中坊神経tyubo

    そんなことばっかり描いてる短編集。
    断っておくが、私が買ったのではない。旦那のだ。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。