Wait. And, expect it!

    昨日のアレは、盛大な釣りでしたな(笑)
    一日だけのネタでしたが、某様が早めに情報くださったので、スナイパーイッセイを堪能させていただきましたっ!
    ありがとうございます。


    あの公式トップ(?)は、なんとなーくネタ臭いなあ、と思って見てました。
    あんなに顔がはっきり出てるのにキャスト名が出ないのは変だし(だって見りゃ分かるじゃん)。
    新感線みたいだなあ、と感じたお衣装は、よく見たら単に毛布みたいなの羽織ってるだけだし。
    武器が全般的に金のかかったおもちゃみたいだし。(リアルタイプ水鉄砲?)
    このそこはかとないお笑い臭と、80年代SFテイストは、どこまでわざとやってるんだろうか? 

    と思ったら、やっぱりネタだったという。
    うん。
    こういう大人の才能の無駄遣い系は大好きだね。
    ノリ的には『ケータイ捜査官7』 12話【地球最後の日 (T_T)】(超神回)と同じ方向性だね。

    だから、SFっていうのは、何だか頭良さそうに見える壮大なヨタ話なんだから、ネタはネタとして受け止めようぜ、ってことだよね。

    ああ、どうしよう。
    きっと私、××9(仮)も好きになれると思うわ。

    私、宇宙戦争とか、ロポット対戦みたいに、スケールの大き過ぎるSFは大味すぎて食指が動かないんだけど。
    等身大の人達の世界に入り込んだ異物を巡るSFなら、人間ドラマとして捉えられるから分かるんだ。
    というか、ふと気づいてしまったんだけど、最近私が好きになるのって、

    『人間と人外のコミュニケーション』

    を描いてる話ばっかりだなあ、と。
    『ケータイ捜査官7』に、『夏目友人帳』に、『ライチ☆光クラブ』に、『ガス人間第1号』だもんな。
    わー。我ながら分かりやすい。
    あれ、端から見ると分かりにくいんですか? 私の中では、これらはみんな同じラインの話なんですけど。


    まあとにかく、今回のネタの最大のポイントは、
    4月下旬になれば詳細が分かる
    ということらしいので、それまでのんびりと待ちましょう。
    それで面白いものが見られるなら、いくらでも待つさ。
    やっつけ仕事のつまらないものなんか、もう見たくないんだ。
    時間をかけた面白いものを期待してまーす。

    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    拍手レス:04/06 01:42にコメントくださった方へ
    どうも私には、男子小学生的な変身願望やヒーロー願望はあるようなのですが、巨大化願望や破壊衝動はほとんどないので、怪獣系には行かなかったんでしょうね。
    それに、ウルトラ星のヒーローとか、巨大怪獣って人語を喋らないですしねえ。
    どうせやるなら、「ジュワッ!」よりも「変身!」って言ってみたい。
    まあ、性別的も年齢的にもビジュアル的にも死ぬほど似合わないのは分かってるのでやりませんけど。
    そういうのが似合う人はいいですよねえ。

    なにしろ私、『ガス人間第1号』の舞台で、スモーク出してる橋本君を見て、
    (いいなあ、私も出してみたいなあ、あれ)って、かなり本気で思ってましたからねえ(我ながら妙齢の女の考える事とは思えない)。
    いやまあ、私学生マジックやってたくらいなので、ああいうギミック的な物に元々興味はあるのですが(今は見る専門です)。

    あれがどういうからくりなのかは全然分からないんですけど、多分私には物理的に出来ないと思います。非力だから。私が装着したら、べしゃってつぶれてしまうのかも。

    あれ多分、一生君みたいにちゃんと筋肉つけてる人がやらないと、腰痛めるだろうなあ、とか、本筋じゃないところを色々考えてしまってみたり。

    まあとにかく、一生君には一度きっちりと特撮について語っていただきたい。
    だから、『ガス人間』のDVD化を~と、どこかに向かって念じておこうと思います。

    ところで、『ケータイ捜査官7』を見る気はないですか?(笑)。歩くケータイ、ちんまくてかわいいですよー。

    拍手レス:04/03 02:02にコメントくださった方へ
    一日で消滅してしまうなら、どうにかあのFLASHを保存しておけば良かったと、微妙に心残っちゃっている今日この頃です。
    それでも、10回くらいは更新ボタン押しては、にやにやしてたんですが(変態)。

    10歳くらいまでは、戦隊物やライダーものが大好きで、かじりつきで見てたんですが、怪獣系はでかいせいか、ヒーローや怪獣の痛みを感じる事が出来なくて、あまり興味湧かなかったみたいですね。足下のセットも、作り物だというのが子供心にも分かりましたしね。

    『ウルトラQ』は新作の方に、一生君がゲスト出演している回があって、それだけ見ました。なかなかしんみりとした味わいの佳品でした。

    『傷だらけの天使』にハマってから、岸田森さん出演の特撮を探して見た時期があって、『怪奇大作戦』を何話か見ましたが、70年代くらいの大人向けの特撮ドラマはいいですね。暗くて。報われなくて。救いようがなくて。

    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク