スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    地上波効果はやっぱり凄いな

    先週のNHK教育での放送以来、
    『ガス人間第1号 舞台 感想』
    とかで検索かけてくる人が増えて、一時的にアクセス数がいつもの3倍くらいになりました。

    いらっしゃいませ、一見様。
    ガス人間役を、せつなく哀しく美しく演じてた、高橋一生君の次のお仕事はこれですわよ。


    ミッドナイト☆ドラマ 『SOIL ソイル』
    3/6(土) スタート 毎週土曜深夜0:00~  (※3/6(土)は第1話無料放送)

    とある新興住宅地『そいるニュータウン』で停電が起きた夜、その町に住む鈴白家一家3人が忽然と姿を消した。娘の水紀の部屋には天井に向かって聳え立つ塩の柱が残され、時を同じくして中学校の校庭には校舎ほどの高さの塩の山が出現する…。その山の頂上にはハムスターの心臓が。神川署の小野田(星野真里)と横井(田山涼成)は、異様な事件を捜査する中で、平穏に見えたこの町の裏側に蠢く悪意と狂気に気付き始める……。

    出演:星野真里、田山涼成、高橋一生、新井浩文、堀内敬子、きたろう、ピエール瀧、マギー、小林優斗、水沢奈子、ミッキー・カーチス、中村靖日、本上まなみ、笹野高史 ほか
    原作:カネコアツシ「SOIL」
    監督:山口雄大、清水崇



    え? WOWOWだから見られない?

    入っちゃえばいいじゃない。この際。
    有料とはいえ、舞台見に行くよりよっぽど安いよ。
    今から入っても、十分間に合うし。再放送も確実にあるし。ねっ(悪魔の囁き)。


    多分、私的にはこれは面白いはずです。キャストも監督も私好みの人が揃ってるし。原作読んでないけど。
    いや、私、ネタバレは見ない主義だから。なるべく先入観を入れずに、まっさらな状態で見たいからね。

    しかし、まだ原作漫画は完結してないらしいのに、どうやってドラマのオチつけるんだろ? と思っていたのですが、最初の設定は同じでも、途中からドラマ独自の展開になるらしいですね。
    ああ、それなら漫画ファンにもドラマファンにとってもいいんじゃないでしょうか? 
    漫画と映像、それぞれの解釈と表現が楽しめそうだ。

    というわけで、あと1週間だ。楽しみだなあ。


    ・・・ところで、テレビ版を見てから『ガス人間』で検索かけてきた方って、あの放送を見て何を求めてこんな辺境ブログまで検索してこられたのでしょうか? よかったら拍手かコメントで教えてくださいませ。
    私は舞台のリピーターだったので、なんかもう見過ぎて、良く分からなくなっちゃってるんですけど。
    ぶっちゃけ、生で見る方が断然良かったですよ。色々と。
    生の舞台は、凄く、自分も物語の中に入り込んでしまったような感覚があったんですけど、テレビになるとやっぱりフラットな感じになっちゃうなあと思ったんですが。

    でも(たまたま見たんだけど、良かった)と思って感想検索してきてくださったなら、嬉しいです。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Re:
    コメントありがとうございます。
    長くなんかないですよー。人様の感想は聞きたいので、どんどん書いて欲しいです。
    というか、公開にしてくださってもかまわないんですよ。
    私一人が読んでるのはもったいない感じです。
    とかいいつつ、私は他所のブログにはほとんど書き込みをしない上に、書いたとしても大体非表示を選んでしまう焼心者、じゃなくて小心者なのですが。

    映画版のガス人間=水野は、やっぱりおっしゃる通り異彩を放ってるし、人間離れしてる感じなんですよね。

    舞台版のガス人間=橋本は、とても人間らしかった。欠損とコンプレックスを抱えて、痛んで苦しんで。それでもただひたすら一生懸命で。
    なんか、ものすごーく、純度の高いうつくしいものを見たなあ、と思いました。
    だから、哀しい話のはずなのに、何度も繰り返してみられるんですよね。

    て、しつこくまた語ってしまいました。
    私も録画は永久保存版です。
    が。DVD化はしつこく希望いたしておりますっ!

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    拍手レス:03/30 23:52にコメントくださった方へ。
    感想ありがとうございます♪

    ほんとに大王様は原作映画を愛していて、だから原作のベースは丹念に拾っていて、でもその上に大王様の独自色をきっちりのせていて、それがとても綺麗に映えていました。
    これくらい原作を愛してる人にリメイクしてもらえたんだから、原作映画も本望でしょう。

    多分私、映画だけ見ても良さが分からなかったと思うんですけど、舞台見てから映画見たら、どういう風に見たらいいのかが分かった気がしました。

    一生君もあたるちゃんも、すっごく声質が良かったですよね。目だけでなく耳も幸せでした。

    つーか、自分返信長いですね。
    こういうことは本記事で書けばいいのに。
    心の迷宮に入り込んでしまったというか・・・
    要するに、また考え過ぎモードに入ってしまって身動きとれなくなりました。で、あんだけ書いたのにまだ1ヶ月くらいなんか考えてます。
    で、また忘れた頃になんか記事アップしちゃうかもです。あははは。ほんと私粘着ですね。

    拍手レス:03/04 12:04にコメントくださった方へ
    風邪は大体治りました。お気遣いありがとうございます。

    私の場合、既にその役者のファンなので最初からバイアスがかかっちゃってて、どうしても客観的にはこの舞台を見切れないところがあると思うので、先入観のない方からのニュートラルな感想は嬉しいです。

    なにしろ私見ての通り腐れたオタクなので、自分の考えている事は一般的じゃないのでは? という疑念がぬぐえない人間なので、『共感した』と言ってもらえると、なんか安心します。



    拍手レス:03/03 09:31にコメントくださったSさんへ
    詳細な感想、ありがとうございます。
    そうなんですよ。一生君は、脚本と役の解釈がすげー深くて正確なんですよ。
    で、場面に応じて的確にオーラの出し入れもしてるんですよねー。

    橋本君は最初に楽器店の店員として出てきた時は普通の好青年でしたけど、次に橋本コートで出てきた時は、雰囲気が違ってましたね。何だか影みたいに気配がなくて、気づいたらそこにいて、理性を保ったまま徐々に狂気がほとばしっていくところの迫力がすごかったですよね。

    直で見たら、リピーターになってたと思いますよー。
    生の舞台はいいですよー。良さを覚えたらくせになっちゃいますよー。

    私、2回目以降は下手通路側前方席を確保し、一生君の横顔を至近距離でガン見いたしましたっ!
    そして、橋本君のせつなさを体中に感じる一方で、
    (睫毛なげー、つーか、ばさばさやん)
    とか思ってたりもしていた事は、ここだけの秘密です。
    ホントに馬鹿ですみません。

    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。