『Xmasの奇蹟』第3週

    またの名を、窪田正孝君観察週報。

    はーい、ちゅーシーン来ましたー。
    んー。まあ、予想していたこととはいえ、

    色気がナイ

    ですな。

    若いおなごとのちゅーは目開けたまんまで硬直してたし。
    熟女とのちゅーは、でこちゅーの段階でのどぼとけが動いてるから、

    お前がっついてんのか? 

    なんて思っちゃったことは、ここだけの秘密だ。

    ああすみません。あれは『がっついてた』んじゃなくて、『恐縮してた』の方が正しいですね。
    きっともの凄く緊張してたんだろうな、ということは容易に想像できるし。
    ここで変に手慣れたちゅーなぞされては、彼のことを息子のように愛でている私といたしましては、

    やだっ。どこでそんなこと覚えたの? おかーさん許しませんよ!

    って複雑な気持ちになってしまいます。多分。
    まだ若いんだから、これはこれで初々しくていいんじゃないのか、という気分ではあります。
    そのあたりは、これから経験値積んでけばいいと思うよ。
    ていうか、最初からそんなのが上手かったら、もの凄くガッカリだわ。


    でもね、ちゅーはエロくなかったけど(エロ言うな)、手の演技は色っぽかったと思う。
    ああいうシーンを入れてくるあたり、さすが女性の脚本家は『分かってる』と思った。そこは褒めたい。

    だって、窪田君の手って凄く大きくていい感じじゃない。手が大きくて指が長いと、それだけで演技に表情が出て来るから、あれは凄く役者として得してると思う。

    あの手を見ると、

    (顔は子どもみたいだけど、やっぱこの人『男』なんだなー)

    って、ギャップ萌えが存分に楽しめます!

    次のつかみ所はやっぱり濡れ場なのか?(あえて昼ドラっぽく、古臭い表現にして見たぞ)
    シーンそのもののエロさにはまったく期待してませんが、窪田君はあんな高校生みたいな顔して、
    実は凄いナイスバディ
    なんだということを、文字通り白日の下に晒し(笑)、
    奥様方のドギモを抜いてしまう日を
    にやにやしながら待っていようと思います(変態め)。



    ってもう、全然ストーリーを楽しむ気はないんだな、私。


    以下、全く本文とは関係ない私信
    某さまへ

    分かりましたー。お時間のある時で結構ですよー。いつもありがとうございますー。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    はじめまして
    コメントありがとうございます。
    おお、ご新規のファンの人だ。
    そうなんですよ。窪田君は分かりやすいイケメンじゃないんですけど、演技は上手いんです。私は『ケータイ捜査官7』の1話をたまたま観て
    (誰だか知らないけど、この子の演技は凄いかも)と思ったら、ホントに凄かったです。
    お時間あったら、ケータイセブン観てくださーい。大人が観ても平気、というかむしろ大人が観た方が楽しいと思います。『浪花の華』もおすすめでーす。



    No title
    はじめまして。
    実は今回のドラマで窪田君を知り、あちこち調べていたらここにたどり着きました。
     
    昼ドラマはあまり見ないのですが、岡田さんが出るので見始めました。しか~し、3日目で亡くなってしまい!!!びっくりしてたところ窪田君が出てきました。
    「誰この子??」状態だったのですが、みるみる演技に引き込まれ、今じゃ毎日彼目当てでドラマ見てます。
    上手ですよね。

    ネットで見たら、結構演技は評価されてるみたいで、私って見る目あるじゃんと嬉しく思ってる日々です。

    私もこれから母のように彼を応援していきたいです。
    拍手レス:11/22 21:22にコメントくださった方へ
    どうも、初コメントありがとうございます。

    色気はなかったですけど、あの初々しさにはそれなりにときめきました。
    芝居だけじゃなくて、私生活でも手ひどい失恋とかして経験値積んだら、演技にも反映されるんじゃないかとも思いますが(ひどいw)、それでやさぐれてしまって、彼の持つあのピュアさがなくなってしまったら困るので、(どうか変な女には引っかかりませんように)、と、もの凄く余計なお世話な上にイヤな感じの念を、どこかに向かって発信しておこうと思います。

    良かったらまた、拍手コメとか入れてやってください。



    拍手レス:11/22 02:30にコメントくださった方へ
    まだ今週のドグちゃん観てないんですけど、きっとそれは萌えシーンですねっ!
    ドグちゃんもそうですけど、窪田君が出てるドラマ同士って、結構シンクロしてるシーンが多いと思います。多分制作者側が窪田君の過去作品観て、
    「窪田にはこういうシーンが似合うな」
    って思ったことが反映されちゃってるんじゃないでしょうか?
    『Xmasの奇蹟』に呼ばれた理由も、多分『ケータイセブン』や『浪花の華』を観て「こいつは年上女と相性がいい」と思われたからだと思いますっ! そう考えれば、私の中では超黒歴史扱いなあの圏外な話も、許せる気になってくるというものです。あれは監督と脚本は最悪でしたが、窪田君の演技自体は良かったですからね。あれに負けなかった窪田君はえらいと思いました。

    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク