響鬼36 飢える朱鬼

    キリヤパートを除けば、かなり面白かったです。
    そりゃ、ところどころ引っかかるところはあるけどさ。
    サブタイトルと中身があってないとか。鬼の人達がワープ術を使ってるように見えるとか。セリフで説明しすぎとか。
    まあ全部が全部かぶりつきで見てる視聴者ばかりじゃないから、ある程度分かりやすくするためには仕方がないか、という気もする。
    しかし先週の感想で、『今までのは時間&予算稼ぎ』って自己暗示みたいに書いたけど、それもまんざら的はずれではない気がしてきました。

    キリヤもねえ。
    わざと大根に演らせてるのだろうか。その方が憎々しさが増すから。と余計な深読みをしてしまうくらいに、カンに触るキャラだけど。
    相変わらず勝負をふっかけてくるキリヤ君に、
    「バカみたい」
    と応じるあきらちゃんはまともです。
    テレビの前の視聴者が一斉に
    「良く言った」
    と喝采を送った瞬間。

    明日夢君にしてもあきらちゃんにしても、
    「部外者のお前は引っ込んでろ」
    と、一言キリヤに言ってやればすむ話なんだけど。
    と、視聴者が言ってやりたくてイライラしてると思うんだけど。
    でもそれを明日夢君やあきらちゃんは言ってはいけないと思う。

    だから、まあ。御大も、必ずしもキリヤの在り方の全てを良しとしているわけではないんだろうね。同様に、自分の価値観と相容れない部分があるとしても、響鬼の世界をぶっつぶそうとしているわけでは、やっぱりないのだと思う。

    キリヤ君も、話を展開させるためのトリガーとしては多分必要。許容したくないけど。しなくてもいいんだろうけど。
    分かった。もうお前はそのままで行け。下手に改心なんかしなくていいぞ。


    「おれが鬼の鎧を着たら?」
    と明日夢君に問われて、

    「良く似合うだろうな」

    っていうヒビキさんの言葉には、おお~、と思いました。
    今話の中で一番の名セリフだね。
    なんだ御大、こんないいセリフも書けるんじゃないのよ。

    あきらちゃんの悩みとか、明日夢君とヒビキさんの鬼問答の一連の流れに、『覚悟のススメ』を思い出しました。
    そういればあれも鍛えて鍛えて、強化外骨格を身につけて、人外になる話だった。
    鎧に取り込まれてダークサイドに落ちた兄と、現世にとどまり続けた弟が、地球規模の兄弟ゲンカをする話だったな。確か。

    それにしても師匠は、カッコ良かった。ホントカッコ良かった。
    ヒビキさんとのツーショットも良かった。
    イブキさんとのツーショットも良かった。
    あきらちゃんの顔をのぞき込むようにして、静かに諭す表情がとても良かった。
    DAを投げる師匠の姿がめっさカッコ良かった。
    「あきらっ!」の叫び声がとても良かった(あきらちゃんの心配は~?)。
    もーキリがないですわ。

    しかし師匠、まーた死亡フラグ立っちゃったね。
    やだーやだー。そんなのやだーって前から言ってるのにー。
    何が嫌かって、どんな死に方をしようが、異常にカッコ良く散っていくに違いないであろうことが、なおさらやだー。

    そういう終わり方はしなくていいから。永遠に続く日常を見せて終わりにして欲しいと思ってしまう私は、やはり甘いのかな。

    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    さて、今回の555響鬼。朱鬼登場だったり、悩むアキラだったり、変身忍者嵐だったりザンキさんあぁザンキさんザンキさんだったりとそれなりに見所たくさん、突っ込みどころもたくさんと素敵な内容でした。変身忍者嵐。この鎧、その昔に鬼のオルタナティブ....
    「やぁ!今晩は、天美さん。桐矢京介だよ。」・・・って物陰から現れて自己紹介されたところで「お前誰だよ?」ってのは変わらないよって話ですよねっていうかこのセリフに大爆笑。「だよ」って!「だよ」って!お腹を抱えて大爆笑。面白すぎる!面白すぎる!...
    手を出すなザンキ。死ぬぞ!怖 ((;゚Д゚)ガクガクブルブル女戦鬼「朱鬼」登場・・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)今回は前2話のようなお笑い劇場ではありませんでした。ザンキさんも元に戻ったし(´▽`*)アハハ
    最近、ヒカリモノって言ってもお寿司が食べたかった全国のとりあえず放送を見ている響鬼ファンの皆様、さっそく感想シチューでも作りますか・・・。
    ここ1週間は、堤幸彦監督の『サイレン』、『トリック・新作スペシャル』、『トリック・劇場版2』の公開日決定記事や、三谷幸喜作・演出の舞台『12人の優しい日本人』の記事を立て続けにアップしたので、アクセス数もかなり増え、今日はいつもの【響鬼】記事は休もうか..
    仮面ライダー響鬼、第三十六話は「飢える朱鬼」あきらにつきまとう影、それは京介だった。京介はあきらが鬼であることに疑問をもっており、鬼の弟子である理由を否定する。そんなか、吉野にある神社から何者かに鬼の鎧が盗まれた。河原で魔化魍ノツゴと戦う裁鬼のもとへ、..
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク