スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2009.08.15 高橋一生トークイベントレポ 第2部

    大分時間がたってしまいましたが、第2部のレポです。
    1部をやりすぎて自分の首を絞めてしまった反省を踏まえ、今回は短くしました。
    あとは、他のブログ様で補完してくださいませ。




    1部終了後、2部開始まで時間があったので、(なんか軽く食べとこう)と思ったのですが、半蔵門駅周辺にはあんまり食事が出来そうなところがなくて、なんとなく表参道まで行って軽く食べたんですが。
    (さて、戻るか)と思って電車に乗ったら、逆方向に乗っちゃって渋谷まで戻っちゃうし。
    その後乗り換えたら、うっかりまた表参道で降りちゃうし。

    どんだけ、暑さと熱さにのぼせてたんだ、自分。

    で。

    (やーん、たいへん。ちこく、ちこくーーー!?)

    と、昔の少女マンガのヒロインな気分でFMホールに行ったら(それでも開演の10分前には着いたんだけど)、会場の前に人がほとんどいないの。
    もう、トワイライトゾーンに紛れ込んだ気分。

    (え? 私時間間違えた? もう始まってる?)と思って、慌てて会場に入って階段を上ったら。
    ロビーは既にイベント参加者でいっぱい。

    うーわー。みんな準備万端だよ。

    なんかすごいなあ。こんなにファンがやる気になってるのに、こんなに静かなイベント初めて見たよ。

    で、私のすぐ後に、山口雄大監督がお友達(?)と来ました。
    なんか、凄い勢いでガン見しちゃってすみませんでした。監督。
    飛び入りしたりしないかな~、ってちょっとだけ期待したけど、それはありませんでした。ちょっと残念。でも、ちゃんと一生君がファンに囲まれてるところ見に来たんだね~。


    2部<17:00~19:00>

    今度の席は6列目あたりだったので、1部よりは落ち着いて見れました。
    インタビュアーの人も、1部の時よりはリラックスされたようで、壇上は和やかな雰囲気。
    しかし、相変わらず客席は静かで緊張感が漂ってました。
    2部の内容は、大体1部と同じだけど、全体的にくだけた話が増えていた気がします。
    質問コーナーの質問数も増えてました。

    もう大分時間が経ってしまっているので、1部の内容も入っているかもしれないんだけど、まだ書いてなかったことを箇条書きで書いてみます。


    <怪奇大家族>

    監督陣から「一生は心理的演技をするから~」「メソッド、メソッド」とからかわれていた。
    清水監督から「天狗」と言われてた理由は良く分からないが、清水監督は最終2話担当で、楽屋に挨拶に来てくれたのだけれど、そのとき自分は寝起きで無愛想に見える対応をしたのかもしれない。ひょっとしてそれが原因かも。


    <ガス人間第1号>

    インタビュアーの人が旧作をDVDで見たそうで、なんだか微妙にネタばらしをされたような気もするのだけれど、もう忘れた(ことにする)。
    で、

    「ヒロインて女からするとかなりイヤな女ですよね」
    という、多分そうなんだろうけど、あまりにも率直すぎるインタビュアーさんの発言に、
    「いや、男から見ると、ああいうのは魅力的な部分でもあって~」
    的な流れで、一生君の恋愛観の話になりました。

    細かい発言とかは大分忘れてしまったけど。

    (そっか~。一生君てクールに見えるけど、恋に落ちると情熱的なんだ~。きゃ~)

    と、私が心の中ではしゃいでしまうような話をしていました。


    <空箱>
    Q『役者は自分の言葉を持たない労働者』という台詞が印象的だったが、今もそういう気持ちか?(だったっけ?)

    A「自分はそういう段階は通り過ぎた。役者も監督もやれちゃう人もいるけど、自分は不器用だから、他のことは出来ないし、これからも役者であり続けたい。」


    <プライベート写真>

    1部とは違い、四国にパワーポイント巡りにいった時の写真あれこれでした。
    全般的に面白写真が多かったような。
    道中やたらと『灸まん』という文字だけが書いてある看板を見つけて、
    「『灸まん』てなんだよ!」と思ったとか。

    そういえば1部でも、店のドアノブをカタカナの『ピ』という字に見立てて、
    エール』(店名) しかも下に「バルサン使用中」と書いた紙が貼ってある写真を嬉々として紹介していたな。

    それを見て。
    『一人VOWかいっ!』
    と、私が内心ツッコんでいたことは、ここだけの秘密だよ。


    後は順不同で箇条書き。もうどのコーナーで喋ってたのか良く分からなくなってます。

    ・台詞は声に出して喋っていると自然に覚える。ビアトリスの時は台詞を覚えるよりも、女性の姿であることの方が大変だった

    ・最近は七尾旅人さん(でいいのかな)の音楽を良く聴く

    ・猫を飼いたいけど怖くて飼えない

    ・靴のサイズは意外と小さい

    ・『ゴンゾウ』の撮影の最後の方から、『から騒ぎ』に向けて体を絞っていったが、痩せ過ぎるとスーツが合わなくなるので、その調整に難儀した。

    ・ビアトリスをやってた時は楽屋のアイドル状態。「うなじが色っぽい」と言われて、「よっしゃあ」という気持ちになった

    こんなところでしょうか。


    全体的にいいイベントだったと思うので、また1年後くらいにこういうイベントやって欲しいです。
    次は『公式ファンクラブ』発足記念イベントということで、よろしく。

    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Re: レポありがとうございました
    いやいや。
    ぶっちゃけ、1部で軽く燃え尽きて(主に緊張で)、2部は気楽に見ていたので、感想も簡略になってしまいました。
    ファンクラブ、出来るといいですね。ファンのモチベーションも上がりますものね。
    『ガス人間』のブログパーツは最初、カーソルをあてるとランダムに出演者が出てくることに気づかなくて、『なんでもやもやしてるだけなの?』と本気で疑問に思ってました。
    でも、なかなか凝ってていいですよね。
    レポありがとうございました
    美夜さん、いろいろ細かなことまでレポありがとうございました。
    私もファンクラブ発足に激しく同感です(>_<)
    実現するといいですよね~!
    ところでガス人間のブログパーツ、おもしろいですね。
    何回か試してやっと一生君が出てきてくれました♪
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。