スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2009.08.15 高橋一生トークイベントレポ 第1部(その1)

    相変わらず私情交えまくりの長くてうざいレポです。
    脳内記憶だけに頼ってますので、1部と2部の内容が混ざってるかもしれません。あからさまに間違ってたら、拍手とかでこっそり教えてください。こっそり直します。


    <1部 13:00~15:00>

    最前列ほぼセンター(しかも一生君寄り)という、とんでもない席で見てきちゃいました。見に行く前の方が緊張したわ。

    「旦那さーん(仮)、こっちとこっちのワンピース、どっちがいいかなあ?」
    「どっちでもいーよ」
    「上に着るやつ、これでいいかなあ?」
    「いーんじゃない?(どうでも)。で、そんなにおめかしして、君は一体どこに行くのかな? んー?」
    「わ、若い男に会いにいきますう」


    的な夫婦漫才を繰り広げてみたり。数ヶ月ぶりにコンタクト入れたり。ヒールのある靴履いたり。

    貧血起こしたらどうしよう、とか。
    緊張のあまり「んがくっく」なんて変な声上げちゃったらどうしよう、とか。
    この席の良さは私の死亡フラグかもしれない、とか。
    見えない何かにおびえながら見に行きましたが(何故そこまでネガティヴなんだ自分)、無事に最後までひたすら声もあげずに、一生君をガン見してきました。
    1日たった今でもまだ死んでないので、何かの陰謀でも死亡フラグでもなかったようです。ふー。よかった良かった。

    インタビュアーの人は、凄い緊張してました。
    そして客席も緊張してた。みんな凄い静かだった。身じろぎもせず、声も立てず、ひたすら食い入るように一生君の挙動に注目されてましたわ(お前もな)。
    「キャーイッセークーン!」なんて奇声をあげたり、盛髪にお花をデコレート的な、後ろの人に大迷惑な髪型の輩とかがいたら、どうしてくれようかと思ってたんですけど。
    全然そんなのいなかった。一生ファンは皆様淑女でした。

    一生君の服装は。
    サイドに向けて段々長くなっていく、アシメトリーな前髪の黒髪短髪
    黒ブチのメガネ。
    白Tシャツの上に黒いベスト。
    デニムジーンズに、茶色(赤かも)の革靴でした。

    なんか、全体的に一回り大きくなってた感じで、二の腕とか太ももとかが太くなってました。なんだか、レスラー体型的なむっちり感といったらいいのでしょうか。顔は痩せてるから太ったという感じはしないんだけど、何か鍛えてましたか? という雰囲気でした。

    なんかこれデジャ・ヴュがあるなあ、と考えて思い出したのは、つい先日見てきたばかりのカミコンでの岡田准一君(言わずと知れた一生君の親友)→その時のレポ
    まーさーかー、二人で競い合って筋肉増量対決してたんじゃないだろうな?

    「俺の方が体脂肪率低いぜ」
    「なーにいってんだ。俺の方が筋肉量は多いんだぜ」
    「なんだよこいつー、うふふー。あははーー」


    みたいな白日夢を一瞬のうちに見ていた私は、本当に我ながら気持ち悪いと思いました。
    本気で一度死んできた方がいいのかもしれません。


    インタビュアーは、婦人公論やクイックジャパンで、一生君のインタビューをされてきたノンフィクションライターの女性。
    ちゃんと一生くんの過去作品を見ている人だったので、イヤなフラストレーションを感じなくて良かったです。
    ただこの人は、普段からこういうやり方なんだろうなと思うんだけど、一生君の発言の中で、引っかかるキーワードが出て来ると、

    「~とはどういう意味ですか?」
    「それはどういうことですか?」

    的な質問をして、相手の発言を深めていくタイプのインタビュアーだったので、

    (なーんかカウンセリングみたい)

    と思いながら見てました。

    ある意味異様な雰囲気だった会場内で、一番落ち着いていたのは一生君だったように思います。
    さすがだ。
    語り口は穏やかで淡々としているんだけど、インタビュアーの質問に対して、凄く理路整然とした、筋道の通った話をする人なんだよね。だから聞いていて心地良いし、安心して聞いていられる。やっぱり凄く頭が良い人だなあと思いました。

    長くなるので、続く。

    相変わらず、前置きが長いなあ、自分。


    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    コメントありがとうございます。
    お久しぶりです。
    くれあ*さんは、イベント行けなくて残念でしたね。
    では、なるべく、現場の雰囲気が分かるように頑張ってレポ書いてみます。

    現場は、ファンイベントとは思えないような静けさでした。みんな真面目なんだなあと。まあ、あんまりキャピキャピされていると、いたたまれなくて帰りたくなってたと思うので、私的にはとてもいい雰囲気だったと思います。
    また、お時間がある時に読みにきてくださいね。

    No title
    美夜さん、お久しぶりです。
    一生君のイベントレポを読みに参りました~!
    一生君のいでたちから場内の雰囲気まで美夜さんの文章を元に一生懸命
    脳内で再生しながら読ませて頂きました。
    あ~、まっちょで黒メガネな一生くん~見たかったです(>_<)
    でも考えてみたらその日は子供のキャンプに付いていかなきゃいけなかったので
    どっちみち行けなかった・・・_| ̄|○
    それにしてもみんな身じろぎもせず声もたてず・・・・っていうのわかる気がします(笑)
    息をするのもためらわれるような緊張感だったんでしょうね。
    それほど貴重なイベントでありみんな一生君のことが好きってことですよね(*^_^*)
    レポ続報、楽しみに待ってます!!
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。