髑髏城の七人~アオドクロ~ ゲキ×シネver.

    結局2回見に行きました。映像版だと、細かい動きがはっきり見えたり、当日券でも余裕で入れるところがいいですね。安いし。

    6時半に始まって、終わったのが10時過ぎ。びっくりした。

    どうやら劇団☆新感線の舞台は、3時間越えも珍しい物ではないようです。ということは、この間見てきた『荒神』の2時間というのは、新感線にしてはコンパクトだったんですね。

    尻が痛くなるほどの長丁場でも全くを飽きさせず、やってるほうも見てる方もテンションが落ちないのはさすが。どうやら私はこれくらい、色々な物が『過剰』なのが好きみたいです。
    シリアスな部分も残酷な部分もあるけど、声を出して笑ってしまうようなべたなギャグもあって、その部分が浮いていないところが特に好き。冒頭のおじぞうさんのアレはドリフのコントみたいで、なんだか懐かしかったです。

    「わたしはここよ。あはは、うふふ」なんていうのは、高橋留美子のノリだし。どうして男のオタク上がりクリエイターというのは、どいつもこいつも高橋留美子が好きなんだろう。この間も『怪奇大家族』を副音声で見てたら、監督さんが「うる星やつら ビューティフルドリーマー」を引き合いに出してるし。


    では以下、役者語り。


    *市川染五郎

    正直テレビや雑誌で見る彼のことは、あんまり興味なかったです。色白さとか髭の濃さとか目の間が詰まってるところとか(おい)、全体から醸し出されるヤサ男な雰囲気がどうにも苦手だったのですが。

    だがしかーし。舞台で見ると、まあ華があって格好いいこと。あのヤサ男臭いところがむしろ役にはまってました。他のは知らんが、アオドクロの彼だけは「染様」と呼ばせていただきたい。


    *鈴木杏

    デビュー時の美少女っぷりを考えると、ちょっと顔の作りは成長に伴って落ちちゃったかなあ、と極めて失礼なことを考えていました。写真でのイメージです。動いているところは初めて見たのですが、いやはや、たいした天才少女でした。表情もいいし、声もいいし、動きもいい。めちゃめちゃかわいかった。まだ10代なんだよねえ。お肌つやつや。太股むちむち。そんなところがエロくていいわあ。

    だなんて、ほとんどオヤジの視点ですな。


    *川原和久

    彼が出ていなくてもこの舞台は好きだと思いますが、彼が出ているから見に行こうと思いました。要するにファンです。

    だからかもしれないけど、なんていうか……もったいない使い方をされてしまったなあと。「花の紅天狗」を見た後だから余計そう思ったのかもしれないけれど。

    だってさあ、どう見ても若さ丸出しの忠馬よりも、彼の方が格が上でしょう。なのに、忠馬の子分ってことになってるから、私、上下関係を掴むのに時間がかかってしまいましたよ。普通に才蔵さんを大将にして、一の子分が忠馬ってことで良かったんじゃないの? 荒武者隊の連中も若造ばっかりだから、その中に川原さんが混じってると、なんか変な感じでした。

    一幕では「その他大勢」みたいな役回りで、二幕では一応見せ場はあったけど、その直後に「とすっ」と矢が刺さってるし。

    で、

    ………それで終わり?

    「え~、そんなあ」って思ったら、へらへら笑いがこみ上げてきました。なんで笑うのか自分でも分からないよ。

    あの生首もなあ。わざわざオーダーメイド(?)で作ってもらって、やったらリアルに出来てましたが、切りたてなんだから、そこまで顔を土気色にせんでも。むしろ色白に作ってください、氏は色白なんです。

    ああああ。私の中のツッコミのムシが暴走している~。

    というわけで、一番の泣かせどころのはずの無界屋炎上シーンを、素直に観賞することが出来ませんでした。

    隣の席のお姉さんは泣いていたというのに、私ときたら、もう。

    だから、ここで殺される人達の中にご贔屓さんがいなければ、私だって泣いていたはずなんだー。

    それはさておき、って、おいておくほど(私にとっては)些末な問題ではなかったが、無理矢理おいておくと。それでも。

    川原さん、相変わらず、和装似合いすぎでした。ただ立ってるだけでも絵になるっていうか、サマになってる。カッコいいーーー。激しく動くたびに裾が割れて見える脚が相変わらず細い。細すぎて白すぎて作り物臭くて、思わず見入ってしまいました。て、どこ見てるんだ自分。



    *三宅弘城

    なんでタナカウチダだけで、あんなに人の臓腑をえぐるような笑いを取っていくんだ。参りました。脱帽です。ラストの染様との千人斬り、めたくそ格好良かったです。笑える癖に格好いいなんてヒキョーだ。今回一番ヒキョーだったの、あなたに決定。ちなみにヒキョーというのは、私の中で最大級の褒め言葉です。


    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク