君はこのまま、個性派若手俳優への道を邁進して行くといいよ

    おにゃのこ姿の衝撃冷めやらぬ中、予想の遥か斜め下方向から、窪田正孝君の次のお仕事情報が来てしまいましたよ。
    事務所サイトの方には情報のってないんだけど、新聞に載ってるなら、情報解禁てことでいいんだよね? 

    スポーツ報知大阪版
    「古代少女ドグちゃん」


    ドラマ初出演初主演の谷澤が演じるのは、現代に復活した天真らんまんな土偶の神様「ドグちゃん」。現代社会に潜む妖怪を見つけると、セーラー服を脱ぎ捨てて土偶形ビキニ姿に変身し、退治する。奇想天外な1話完結の特撮ホラーコメディーだ。(略)
     関西ローカルの深夜ドラマと思えない豪華俳優陣も話題になりそう。考古学者役には上川隆也(44)。その息子役で、ヒロインのしもべとして活躍する杉原誠役は、NHK時代劇「浪花の華~緒方洪庵事件帳~」で主演した窪田正孝(20)が谷澤とダブル主演となる。誠の母親を斉藤由貴(42)が演じ、週替わりの妖怪役は竹中直人(53)、ソニン(26)、田口浩正(41)、美保純(47)、安達祐実(27)らがズラリ。(略)
     ヒット作「呪怨」で知られ、ハリウッド映画「寄生獣」を製作中の清水崇監督「片腕マシンガール」の井口昇監督らが各話を担当。気鋭のクリエーターたちが、特撮とVFXが融合した独自の世界観をつくり上げる。



    こっ、これは・・・。

    何て素敵なイロモノっぽさ!

    これは期待せざるを得ない!!

    ええ、こういう、いい年したおっさん達が、超本気でばかばかしい事を,無駄なハイクオリティさでやろうとしているのを見るのは大好きですとも!

    しかしこの記事。清水崇監督が関わっていて、ホラーコメディーなのに、前身と言えるであろう『怪奇大家族』をあげていないなんて。

    怪奇大家族 DVD-BOX怪奇大家族 DVD-BOX
    (2005/03/25)
    高橋一生渋谷飛鳥

    商品詳細を見る


    (↑これ見ると、笑いと恐怖は紙一重ということが良く分かります。深夜っぽいぬるさと脱力感と、妙なスタイリッシュさが同居した作品。おすすめ。大丈夫、怖くないよ。途中からだけど、感想を書いているので、興味のある人は右のカテゴリーから読んでください)

    あと、特撮なのに窪田君の出演作に『ケータイ捜査官7』を書かないなんて・・・。
    いや、もういいや。

    共演陣もホントに無駄に豪華だな。竹中直人さんに、斉藤由貴さんに、ケイタパパまで!
    そして、上川隆也さんが父親役なのか。すげー、それはなんかすげー。
    でも、時期的に舞台『蛮幽鬼』(チケ取りは最初からあきらめた。ゲキ×シネでやるのを待ちますわ)と重なってるような気がするので、多分ケータイセブンでのツダカンみたいに、ピンポイントで出てくるんじゃないかしら。

    窪田君、上川さんにかわいがってもらえるといいなあ。
    それで、舞台にも引きずられていくといいなあ。
    窪田君も、いつか新感線のゲストに呼ばれるくらいに出世してくれるといいなあって、そんな妄想をぼんやりと抱いていたりするんだ、私。

    W主演の女優さんは・・・・まあこのキャリアだと棒なんだろうなとは思うけど、なんか特撮ヒロインて棒の方が重宝されるようだし、『ちっちゃくて巨乳』っていう、いかにも男好きしそうなビズアルは深夜っぽくていいんじゃないかしら。

    やっぱりこの内容だと、

    お◎ぱいがドリルになるとか、
    おっ◎いからレーザーっぽい何かが発射されるとか、
    おっぱ◎が(以下自粛)的なお約束はあるかしら、ありますね、きっと。

    私の脳内に棲むおやぢ(推定年齢40歳、おっ◎い星人)は、こういうのを見ると、

    「お◎ぱいおっ◎い、いえーー!」

    ってシュプレヒコールをあげて喜んでしまうので、そこは無問題。

    でも窪田君がそーゆーこと言うのはイヤ。
    と、私の脳内に巣食っている腐女子さん(推定年齢20歳、『でも商業BLは意外と見てません!』)が言ってます。
    そういうのは、おっさんたちにまかせときなさい。

    むしろ窪田君の役は、
    「そんなの恥ずかしくて見れない」
    とか、
    「女の子がそんな、はしたないカッコしちゃいけません!」って、なんかあるたびに目隠し用のバスタオル持参で駆けつけるとか、
    ドグちゃんの変身姿見るたんびに鼻血吹いてるとか、
    そーゆードーテーイズムを感じさせる役のがいいですよ。

    そして、女優さんがちびで巨乳を売りにするなら、それに負けずに、窪田君は童顔マッチョであることを強調すればいい。これなら男性にも女性にもアッピールできて、死角がなくなるぞ。

    で、アクションはあるかなあ。結構あるかもしれないなあ。
    『牙狼』みたいにかっちりとした殺陣じゃなくても(それはそれで見たいので、別の作品では是非)、妖怪に襲われてぎゃーぎゃー騒ぎまくりながら、泥臭ーく、じたばた走り回って、立ち回りしてるといいですねえ。そーいうのいいなあ(うっとり)。シモベ扱いで毎回ヒドい目にあわされるっていうのもいいよね(笑顔)。


    ・・・・まあ、関西ローカルなので、普通にしてたら見れないんだけど
    orz............

    ど、どなたか関西の方で、助けてくださる人、いませんかしら?

    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Re:
    今度は分かりました。 ありがとうございます。
    例の件は、もしものときは、ご厚情にすがらせていただきますね。
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    *拍手お返事 07/06 21:20にコメントくださった方
    再コメントありがとうございます。もしものときはよろしくお願いします。
    それで、検索してみたんですけど、同名ブログが多くて、確定できませんでした。よろしければアドレスか、もう少し詳しいヒントを教えてください。

    *拍手お返事 07/05 20時台にコメントくださった方

    こんばんは。お声かけくださってありがとうございます。
    うちにもビデオデッキはあるのですが、多分もう5年くらい使ってないので、まだ使えるかどうかがちょっと謎なのです。でも、どうしても見たいので、もしどうしようもなくなったら、ここでヘルプ出しますので、連絡いただけますか? その時はどうぞよろしくお願いします。
    東京でもTBSでやってくれるといいんですけどね・・・。

    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク