『浪花の華』 第6回「北前船始末(後編)」

    わー。すっごい面白かった。
    30分で、ミステリの謎解きも、医学生の成長も、人質の救出劇も、初めての手術も全部過不足なく入れこんで、ちゃんと盛り上げて来るって、凄い脚本だわ。

    章君も、初回のヘタレっぷりからは予想も出来なかったくらい、カッコ良くなっちゃって。

    普段は温厚でちょっと頼りない感じなのに、
    「人の命に関わるものを商売の道具にするな!!」
    って、激昂するシーンは本当に良かった。
    そら、左近様もちょっと彼を見る目が変わっちゃうよね。


    それにしても、麻酔もかけずに弾丸の摘出をされて、苦悶に喘いでいる左近様はエロかった。
    いいんですか某国営放送様、こんなの放送して。
    いいぞ、もっとやれ。
    と思っていたら、次回予告の左近様は、今度は緊縛された上に打擲されていて、輪をかけてエロい絵面でした。
    やべえ、某国営放送様が、すげえ本気出して来てるぜ。



    しかし、今回の事で、章君と左近殿はちょっといい感じになって来たのに、弓月王から思わぬ横槍。

    「あなたと左近は住む世界が違います」
    「左近の婚約者は若狭です」

    えええええええ?
    私も章君と一緒に、ぽかーんな顔になっちゃったよ。

    いや、おかしくはない。あの二人が婚約しててもおかしくはない。
    でも、何故かそれは考えつかなかった。
    ほら、左近様も若狭さんも、眼ヂカラ凄い系の美剣士だから、なんか兄妹みたいに見えてたんだよね。

    そっかあ。じゃあ次回からは、左近様を巡る、章君と若狭さんの男の戦いが見られるわけだ。
    うわー、楽しみ。


    しっかし、章君がおゆきちゃんを抱っこして逃げるシーンには、激しいデジャ・ヴュを感じたなあ。
    『ケータイ捜査官7』にも、こんな感じでロリータを抱っこして助けるシーンがあったんだよね。そして、私は胸をきゅんきゅんさせてたんだよね。

    その時の感想←過去記事に飛びます

    ぶっちゃけ、ケータイ7の時の方がときめいたけどなっ。
    だって、やっぱりお姫様抱っこは乙女の夢でしょう。
    異論は認めません。
    女の中にはいくつになっても、12歳の乙女がいるんです。いるったらいるの!

    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク