スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ケータイ捜査官7 劇場イベント in シネマイクスピアリ(その1 内容篇)

    というわけで、結局第1~5プログラムまで参加してきました。わはは、やってもーた。
    もうここまで来たら最後までいても良かったような気がするけど、終電の関係で6は難しかったんだよね。まあこれだけ見たら十分だろ、自分。

    最初にいいお知らせを一つ。
    3月の最終回前後に、またイベントやるそうです。詳細は後日公式サイトに載るからお楽しみに、とのことでした。

    んじゃ以下は、いつものように私情交えまくりの長くてうざいレポです。メモとかいっさい取らずに脳内記憶に頼っているので、所々間違っている可能性もあります。あからさまに間違った事書いてたら、こっそり教えてください。
    純粋に情報が知りたい人は、他所のサイトさんとかで補完よろしく。



    自分でチケット取っておいて言うのもなんですが、イベント前は既に見たドラマを半日も見てたら、さすがに飽きて寝るんじゃないかと思ってたんですよ。

    全然そんな事なかった! 
    大きな画面と、クリアな映像と、小さな音まで拾える音響とで、このドラマの凄さと面白さを再確認した!


    デジタルハイビジョン(だよね)とCGのクォリティがやっぱすごいよー。大画面でも映像が超美麗だし、画面に大写しになっても、フォンブレイバーの存在とか動きに全然違和感がなくて、ホントにそこにいるようにしか見えないんだもん。セブンさん達のボディのメタリックな艶にもううっとり。
    ああセブンさん可愛い、本当に可愛い、あのメカメカしくも、ちまちました動きがたまんない。

    やっぱりこれは映画にするしかないな。
    ・・・・なんてね。

    詳細はこの後別のエントリで書こうと思いますが、関係者によると、そういう話が全くないわけでもない、という微妙なニュアンスの話が出ていました。
    この手のことは話半分に聞いておいた方がいいと個人的には思っていますが。

    ファンに出来る事としては、
    「セブンさんの映画が見たーい、見たーい、見たーい♪」
    とスポンサー様に聞こえるように声を上げる事と、
    DVDや玩具やグッズとかに貢ぐ事で、間接的に出資しておくと、なんだかいいことが起こるような予感がします。
    あくまで私見ですけど。


    客層ですが。
    女性:男性:親子連れ=8:1:1くらいで、女性率の高さにびっくりしました。

    「なんで女性ばっかりなんだろうーねー?」
    と、第5プロだけ見た家人(私が「あんたの分もチケット取ったから」と半ば強制した)に聞いたところ、

    「男はそんなに俳優や声優に興味を持たない。監督×脚本家のトークライブとかで、世界観とか設定についてディープに語るような会だったら喜んで来るだろうけどさ」

    なるほど。
    目から鱗だ。凄い納得した。
    人への興味が強い女性と、モノへの興味が強い男性の脳構造の差ですね。

    小さいお友達たちはみんな静かに聞いていて、良い子達でした。
    でもやっぱりお子様は、これから販売予定のおもちゃを見て「セブンだー、ゼロワンだー、サードだー」ってわちゃわちゃしている姿が良かったです。見てて癒されました。
    保護者の方におねだりして、いっぱい買ってもらいなさいね。ふふふ。

    劇場ロビーでバンダイ様とコトブキヤさんの物販がありましたが、良く売れてました。
    特にセブン&ゼロワン湯のみが大人気で、第2プロの前にもう売り切れてました。私もそれだけは買おうと思って行ったので、最後の方に並んでいたら、ゼロワンさんの上映前の注意が聞けませんでした。
    うーーん。この場合私はどっちを選択するべきだったんだろう。やっぱりゼロワンさんを聞いておくべきだったんだろうか。でもそれだと湯のみは買えなかっただろう。
    結局どっちを選んでも後悔するのよね。

    あと、全回共通で流れてた映像。

    ・冒頭の白いマギラさん(未公開)。多分今後本編で出て来ると思われます。相変わらず存在のすべてがうさんくさくて素敵でした。

    ・直近放送予定3話分の予告。
    次々回のゲストの出オチっぷりが凄まじかった。顔が大写しになるたびに場内爆笑。◯◯さん大人気。
    その次は超絶ハードな桐原さん回でした。

    ・つぶやきセブンは毎回内容が違ってました。相変わらずネタのクォリティ高かった。全部で30本制作予定だそうな。で、つぶやき完全収録DVDの発売はいつですか?(笑顔)

    ・京都に缶詰中のケイタ君はビデオ出演。これも毎回内容が違っていて、複数参加者に嬉しい作り。上映回の思い出を語ってくれてました。そして相変わらず微妙に挙動不審でした。
    窪田君、ちょっと痩せた?
    大変。きっとまた演技に没頭しすぎて寝食を忘れてるのよ。家族から離れて一人でホテル暮らしなんだろうし、ちゃんと食べてるのかしら。心配だわ。段ボールに調理しなくても食べられて日持ちするものを詰め込んで、送ってやりたくなるわ。
    ・・・・なんで私は彼を見てると、こんなに心配性のお母さんモードになってしまうんだろう。

    ゲスト篇に続く。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。