流星の絆(最終回後感想まとめ)

    感想は書いてなかったけど、全部見てました。
    最後まで完成度の高い、良く出来たドラマでした。
    なんか最初は、賛否両論(特に東野ファンからは『否』が多かったみたいだけど)、私はクドカンにしては自分色を抑えてきたなあと思ってました。
    奴が本気出したら、こんなもんじゃすまないって。

    原作は読まない方が楽しめそうだと思ったので、読んでなかったんですが、原作でもあの人が犯人だったのなら(他の人の感想ブログを読むと、原作通りだったらしいですね)、読まないでおいて正解でした。
    『犯人の意外性を追求するあまり、犯行の動機が取って付けたように適当』だという、ミステリに良くありがちなガッカリ感はドラマ見てても感じたしね。
    でも、その後にドラマオリジナルの劇中劇使ってハッピーエンドにきっちり持ち込んだあたりが素晴らしかった。
    やっぱクドカン、天才だわ。すげーわ。脱帽というしかないわ。

    まーさーかー、『妄想係長』を最終回まで見られるとは思ってなかったよ。3話くらいでフェイドアウトするものだとばかり思ってた。
    桐谷君は、クドカンか磯P、あるいは両方に愛されてると思った。
    私も彼が一番このドラマで好きだったなあ。
    あの暑苦しいコメディ演技と、マッチョなナイスバディがツボリました。てへっ。(←筋肉好き)。あと、(素人)童貞くさく、女に変な理想を持っているところも。
    キャナメは最初の設定からして童貞だし。ほんと、クドカンの描く童貞君は輝いてるよね。
    もうこれ、サブタイトル 【Dear Doutei ~Stories~ 略してDDS】(元ネタが分かる人だけ笑うように)でいいんじゃね?

    予想通りクドカンは、ミステリと相性が良かったですね。
    彼の再構成力をなめてはいけません。
    原作付きなら、ちゃんと読み込んで、きっちりと仕上げるんですって。
    『池袋ウエストゲートパーク』だって、あの原作(短編集)を、よく連続ドラマにこうまでまとめあげたなあって感心したもの。まあ、ヤンキー臭が強すぎて、ハマりはしなかったですけど。
    むしろ彼は、制約があった方がいいんだと思う。脚本も監督もやらせて好きにさせると、暴走しすぎてもう何が何だか。私なんか、【真夜中の弥次喜多】2回見たけど、両方とも良々が増殖するあたりで、耐えきれずに寝ちゃったもん。

    視聴率も良かったようで、めでたいです。
    クドカンの連ドラで20%越えた回があるのって初めてじゃないか?
    うーん。東野くんてホントに人気あるんだなあ。
    でも初回と最終回が20%越え? 最初と最後だけ見た人がそんなにいるってことなの? ミステリなのに?
    あー、でも、家人も最終回だけ見て
    「どういう話か良く分かった」って言ってたから、初見の人にも優しい作りになってたのかもしれない。

    シリアスパートもコメディパートも良い感じでしたね。
    一番笑ったのは、泰輔が静奈の父親の妻(年増美女)をペテンにかけようと思ったら、次の瞬間何故かラブホにいて、
    「あれ? まあいいか」ってところ。
    こいつバカだ。
    いやあほんとに、クドカンは可愛いおばかさんを描かせても一級品だわ。

    あと不覚だけど笑ったのは【刑事遺族】。
    ひどい出オチすぎる。
    これで膝から崩れ落ちる勢いで笑ってしまった自分がホントに悔しい。 

    と、基本的には大絶賛なのでありますが、各回の感想をあげてなかったのは、ハマってはいなかったからです。
    有り体に言えば、主役の三兄妹に萌えを感じなかったからなんですけどね。
    もちろん嫌いじゃないんですよ。3人とも、ちみっとしていて、なんか貧乏臭いところが、本当の兄妹みたいで、良く役柄にあっていたと思うし。でも、3人ともあんまり私の心の琴線に触れなかった。むしろジョージさんとかキャナメみたいなサブキャラの方が好きでした。要は私は、東野テイストには反応しないけど、クドカンテイストには惹かれるってことなんだろうね。

    ああ、でも本編で、視聴者の代弁をしてくれるようなあだ名があったので、それはクドカンさすがだと思った。

    ニシキドくん=濡れせんべい(良く分かんない。せめてハンサムな東南アジア人くらいにしといて)
    戸田ちゃん=地味(えー、あんなに可愛いのにそれはないわ。でもあの声質の悪さは本当に残念だ)
    平成の歌姫さん=マユナシ(わあ、それ言って良かったんだ。みんな思ってても言わなかったことなのに)
    キャナメ=アゴ(わあ、それ(略)。ボッチャマ演技が可愛くてよかった。多分本編で一番いい人)



    どうも、うかつにジャニの人のことを書くと、ネタだってことが理解できずに、言葉尻だけに脊髄反射してしまうのが湧くらしいので、一応反論はしたんだけど、キリがないし、なんかこんなことに手間を費やしてる自分が心底面倒くさくなってきたので、めんどくさげなところは全部削除しました。
    あー、すっきり♪
    と思ったら、必要ないところまでうっかりデリートしてた。ありゃま。
    天才、あるいはマンセーって書かないと、悪口言ってることになるらしいね。けなしてねえっつうの。



    >Mさん
    そうなんですよ。とうとう、うちのブログにも湧きましたよ、ゆとりが。
    ゆとりだから国語力がないし、自分に読解力がないことにも気づいてないから、誤読していると説明しても理解できないんですよ。本当にどうしようもないですね。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク