スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    婦人公論とイッセーオカダ

    <婦人公論>

    亀様のターンキターーーーー!

    さっくりと要約すると、セレブ俳優と庶民派俳優の異文化交流対談でした。
    なんとなく、『ホスト部』(注:マンガです。念のため)の殿とハルヒみたいな雰囲気だなあと思いました。

    一生君の庶民さ(おい)に、
    「いっちゃんはすごいねえ」
    みたく、本気で感心しているんだもん。
    亀様って本当にお坊ちゃまなんだなあ。一生君にカフェに連れて行かれて、びっくりしてるし。バイトもしたことないっていうし。まあ、周りの人がさせなかったんだろうけど。

    そんな亀様の背負っている歴史の重さに対して敬意を払いつつ、ざっくりと、時々微妙な黒さを見せながら反応している一生君の隠れSっぷりに萌えたねっ!(は?)。
    「そんな驚き方あるかよ!」ってひでえ(笑)。

    冗談はさておき。

    『女形』という、男でも女でもない性を演じることへの二人の考えが、端正に語られていて、興味深く拝読致しました。
    うん。二人とも頭の良い人だ。
    役について考えていることを、分かりやすく自分の言葉で語れる人達ですね。
    いいインタビューでした。
    できればもっと早く、せめて、さいたまで「から騒ぎ」やってる時に雑誌に載せて欲しかったですけどねー。


    <イッセーオカダ>

    チケット届きました。
    良く分からないけど、多分後ろの方の端っこの席。
    まあ取れただけ良かったですよ。それに、あまり前の方だと、緊張してしまってまともに舞台が見られなそうだし。
    なんか予想はしてたけど、凄い激戦だったみたいですねー。
    見たらまたレポ書きます。
    風邪引かないように気をつけよう。
    体調悪いと、舞台見るのはしんどいことがこの間良く分かった。

    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    No title
    以外と、『婦人公論』のインタビューは充実してて面白いですよ。

    小劇場って、設備が古くてぼろくてびっくりすることがあるんですよね。
    その狭さとボロさも、役者陣との親近感を感じさせる要因になっているので,それはそれで好きですが。
    婦人公論
    雑誌のタイトルがおばさんっぽいので
    ちょいと恥ずかしかったけど
    立ち読みしました(ぢゅうぶんにおばさんの癖して)v-217

    亀治郎さん、カフェに驚くなんて・・・
    どんだけお坊ちゃんなんでしょうね~v-12
    亀さま、三浦春馬くん(最近、目を付けてます)とも仲良しさんで
    一生さんと同じように食事なんかいらっしゃるそうです。
    才能のある若者を発掘する力が
    あるんですかね~。ちょっとジェラシー♪

    駅前劇場は椅子が固いので
    お座布団を持参した方がいい!!との
    アドバイスを頂きましたv-219
    お互い、万全の体調で行きたいですね。
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。