岡田義徳×高橋一生

    『イッセーオカダ始動!』


    思いっきり遅れを取ってしまいましたが。

    なんか凄い情報キターーーー!!

    最近、一生君がよっしーのブログに姿を見せてくれないわ、ちょっと淋しい。
    なーんて思っていたら、水面下でこんな素敵企画が進行していたのですね。
    どうしよう。もう、トキメキと妄想が止まりません。特に後者。

    まだ何をするユニットなのか分かっておりませぬが、妄想が止まらないので、勝手にこんなのが見たいんだよー、という企画を考えてみることにしました。本当に勝手だ。まあいつものことだ。
    キモイと思った人はスルー推奨。


    <やっぱこの二人がやるなら舞台じゃね?>

    この二人でやるなら、サスペンス調の密室劇がいいなあ、と前々から思っておりました。
    例えばさ。
    学生時代からの友人同士が登山に出かけるんですよ。
    で、雷雨か大雪でお約束の遭難をするんですよ。
    で、山小屋に一晩閉じ込められるんですよ。
    で、寝ちゃいかんということで、二人で色々と話をするんだけど、そのうちに過去のある事件(例:自殺とされた友人の不可解な死)についての話になり。
    話している間に、なんだかお互いが知らない変なエピソードが出てきて、
    「本当はお前が殺ったんじゃないか?」
    「なに言ってんだ、おまえだってあのときああだったじゃないか」的な話になるんですよ。
    ひょっとしたら相手は嘘をついてるのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
    観客には何がどこまで嘘なのかは分からないの。そして、相手の言質を取り合いながら、やがて真相にたどり着いていくの。

    そんな感じで、二人がノンストップで、出ずっぱりで、ガチンコの演技勝負を、板の上でぎりぎりと繰り広げる姿が見たいなー。すっごく見たいなーー。そういうのがいいなーー。


    <自主制作映画もアリかも。アリアリアリアリ>

    よっしーは監督やってください。一生君は主役ね。
    さあ、そして、よっしーは一生君の魅力を余すことなく映像に収めるがいいわ。
    そしてDVDにしてください。1万までなら出すよ。
    まあ冗談はこのくらいにして(嘘。半分は願望)。

    ところで話は変わるんだけど、今発売中のこの雑誌。
    hon-nin vol.08hon-nin vol.08
    (2008/09/09)
    松尾 スズキ宮藤 官九郎

    商品詳細を見る


    樹木希林のロングインタビューが載ってるんだけど、もうこれがサイコーだったのよ。
    すごいわ。さすが、自分の芸名を売った女優だけのことはある。
    存在自体がサイケデリックだわ。まだこんな人が残っていたのね。70年代に絶滅したとばかり思ってたのに。
    でね、自分が出演した某映画の監督へ、もの凄い勢いでダメ出ししてるの。誰のことを批判してるのか丸分かり。素敵すぎ。もうこれは是非読んで欲しい。
    私時々、なんでこの監督は、こんな駄作を世に送り出せるんだろうと思うようなブツにあたっちまうことがあるけど、なんでそうなるのか分かったような気がするわ。

    で、話は元に戻るんだけど。
    二人ともキャリア長いし、あまり才能のない監督の下で指示に従わなくてはならないこともあっただろうし。「なんでテメーはこの程度のものしか撮れねえだよ!」と内心ムカツく経験などもあったであろうことは想像に難くありません。
    そろそろ、自分で作る方に回りたくなってきている頃じゃないですか? ふふふ。

    いやだな、妄想ですよ。一介の愚民の妄想ですよ。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    ケータイセブンは、今一番面白いドラマなのでしょうがないのです。
    再放送するらしいので、良かったら見てください。是非一話から。

    やっぱり芝居ですか?
    二人芝居なんでしょうか? 期待は高まる一方です。
    私の上記の妄想は、どうも恩田陸のあれとかあれとかがベースになってるっぽいです。
    先日まで「ユージニア」読んでました。相変わらず小説が上手いお人でした。
    恩田作品て、一人称の小説だと、結構雰囲気が戯曲っぽいのがあるなあと思っています。
    というか、恩田作品の短編を演ればいいのに、と思ってました。個人的な趣味です。

    チケットはねえ。最近本当に倍率が高くなっちゃって。
    でも、事務所先行があれば、取れないことはないと思いますよ。

    お久でございますv-237
    美夜さん、ケータイ捜査官にハマっていて
    一生さんの事、忘れちゃったのかなぁ~って
    心配しておりましたv-34

    未だ謎のイッセーオカダv-10
    自分としては、深夜枠のトーク番組とみていたんですが~。
    どうやらお芝居系のようですね。
    しかし、チケット争奪戦の事を考えると・・・v-30
    皆が平等に見られるものがいいなぁと。

    山小屋の恐怖の一夜~。
    二人なら、事件が起こっても証人が
    いない・・・・マークスの山の殺人を
    思い出します。あの2人ならやってくれそうですね。
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク