飼育の部屋~連鎖する種

    割と最近、例の監禁皇子の香ばしい言動を見聞きしたせいもあり、正直内容にはぜんっぜん期待してなくて、あまりにもエグかったら途中で見るの止めようと思っていたくらいでしたが、意外と脚本が良くできていて、映像もなかなか綺麗でした。もっといかにも企画物臭いのかと思ってましたが、あら意外。全然フツーに見れちゃった。
    で、松田賢二氏演じる宏一という男ですが、こいつはDV気質の監禁男のくせに、なんだか妙にいじらしくって、私の左胸の下あたりについてる『せつなさ感知センサー』が、きゅーきゅーきゅーきゅー反応しまくりで大変でした。

    ほら松田氏って、低くて深い、い~い声してるじゃないですか。後ろから抱きしめられて、あの声で耳元で囁かれたりなんかしてしまった日には、ワタクシ、

    3 秒 で オ チ ま す か ら

    (ついでに腰も抜けますから)

    だから、ラチカンキンにはならないねv ストックホルムシンドロームに陥るまでもなく、契約成立、ってそれじゃ、話が終わっちゃうんですが。

    でね、彼の基本の声質はとっても大人の男っぽいのに、その口調がびっみょ~~~に、子どもっぽくて、その落差がもう、たまりませんでした。話し方がたどたどしいっ。あどけないっ。

    監禁に気付いて暴れる少女を「静かにして、静かにして」って言いながらぎゅうぎゅう抱きしめてるところとか。

    自分の作った食事を食べてくれないから、自分も二日間食事をしなくてお腹を空かせてる姿とか。

    『暴力は振るわない』って約束したから、自分の中の『蟲』が動いて少女を殴ろうとする衝動を、必死に押さえている姿とか。

    そういうのがなんだか、好きな女の子に振り向いて欲しくて、でもどうしたらいいのか分からなくて、途方に暮れてる小さな男の子みたいなんだもん。

    ああ、それから、

    「そんなの、嘘だよぅ」

    とか

    「ごめぇえん」

    とか、

    「こんな用意したんだもん」

    とか。

    口調が、語尾が、か、かわいい。なにこれ、私の中に新しく「語尾萌え」という訳の分からないジャンルが築かれてしまったじゃないか(落ち着け)

    だめだ。ツボ過ぎる。

    こいつはこいつなりに一生懸命、少女に優しくしようとしてたんだよね。

    やり方は根本的に間違ってたけど。


    内容が内容なだけに、ヤルことは当然ヤってるわけですが、

    (この人が濡れ場やったら、エロフェロモン出まくりで大変だろうな~)と予想してたので、むしろそれに関しては、両の拳を握りしめてガッツポーズなくらいで。

    というか、色っぽくない濡れ場をやるような役者なぞ、役者ではないわ! と私普段から思っておりますのでね。


    そういうわけで、精神年齢20歳以上推奨ですが、エロとか暴力とかに過剰な嫌悪感がなければ、松田さん目当てに見てもいいんじゃないかな、と思います。タイトルから予想されるほどえげつなくないと思うし。少なくとも私には、これはちゃんとしたラブストーリーに見えましたよ。

    て、恋愛モノなどろくに見たことのない私が言っても説得力ないかもしれませんが。

    基本的に私は、他人の色恋沙汰など心底どうでもいいと思ってるんだけど、永遠の片思い系の話は結構好きだったりするんでね。

    あと、特典映像のインタビューでは、天然ぽくてチャーミングな松田氏が見られます。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク