ちりとてちん 13週「時は鐘なり」前半

    先週はちょっと土曜日に話を詰め込み過ぎだと思ったのですが、今週はいい感じですね。
    草々さんの若狭ちゃんを見つめる視線が愛おしそうなものになってきて、とーきーめーくーわー。

    先週の話もなー。若狭ちゃんと草々さんの朝チュンシーン(違います)と、草々さんの出戻りシーン(それも違います)は、一回でやらずに二回に分けてやって欲しかったなー。ちょっと詰め込み過ぎだった。惜しい。

    それにしても草々さんたら、

    雨に濡れて、
    熱にうかされて、
    ヒロインの膝枕で、
    「一人は怖い」ってすすり泣くなんて。
    どんだけ少女漫画ですか。

    え? ワタクシ?
    5回くらい見返して、胸をきゅううんとさせてましたが、何か?

    いいじゃないかよー。こういう古典的なのは好きなんだよー。
    でかくて無骨な男の人が、子どものようにおびえている姿には、被虐心が乙女心がくすぐられるんだよー。

    いいのっ。ちりとてちんは良いベタなの。さらにいうと、こういうのはベタとは言わずに

    王道

    って言うんです。

    で、草々さんはこれから、二人の間を隔てる壁をぶっ壊して、

    夜這い

    をかけるわけですね(どこが乙女だ)
    いやー、我ながら、久しぶりに目にしたな、夜這いって単語。
    だって、あの予告からはそうとしか見えないじゃないのよ。
    炎を乗り越えたり、障子をぶち破ったりして、ヒロインの元に突進する主人公は知ってますが、壁を蹴破るって言うのは新しいなあ。
    一瞬のシーンだけど、草々さんの脚の長さをより強調するカットでしたなあ。
    ああ、続きが気になる。

    「僕の家においでよ」な小草若ちゃんも気になるけど。
    『もう、小草若ちゃんでもいいんじゃないか?』って思ったこともありましたけど、やっぱ彼は当て馬になるんだろうなあ。
    それにしても、小草若ちゃんの中の人はめちゃくちゃ演技巧いと思う。
    風見しんごの若い頃に似てるなあと最初は思ったけど、身のこなしの軽やかさとかは、水谷豊さんの若い頃を彷彿とさせるものがあると思います。水谷さんは凄い運動神経だったからなあ。今も年齢を考えると凄いんだけどね。




    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク