TVぴあ

    表紙の岡田准一君と堤真一さんに見つめられてしまったので、買いました。
    『SP』関連の記事は、巻頭特集、岡田君の連載、総監督の日記と盛りだくさんなので、読んで損はございません。私、これらを読んで、もの凄く期待が高まって参りました。

    そっかあ。アクション主体のドラマなのかあ。それはとてもいいことだなあ。
    最近日本のドラマでアクションが見られるのは、特撮か時代劇に偏っている気がしていて、それは物足りないなあと思っていました。
    やっぱり役者さんが、スタント使わずにアクションやってると、それだけでもの凄く燃えるじゃないですか(『萌え』ではなく『燃え』)。『牙狼』は特撮だったけど、スーツアクターさんが大変なのも良く分かったんだけど、やっぱり着ぐるみよりも、変身前の役者さんが生身アクションを頑張ってるシーンの方が燃えましたもの。

    『木更津キャッツアイ』の8話で、ぶっさんがオルゴールを盗むために社長室を荒らすシーンがあったのですが、その時の岡田君の動きの俊敏さにはえらく驚かされました。

    (うわああ、すげええ、コンサートで鍛えてるアイドルすげえ。部屋中をあさって、最後にやけくそで椅子に後ろ蹴り食らわせるまでの一連の動きが、まるでダンスしてるみたいになめらかだ)

    ってね。

    ジャンプ高いし、動きも軽い。
    速いだけじゃなくて『魅せる』ための動きが出来る人が、画面の中で毎週軽やかに飛び跳ねまくってくれるのかと思うと、期待しないわけにはいかないじゃないですか。

    で、最初見た時には、「なんつー超人設定」とちょっと吹いた主役のスペック(特殊能力)の内容も、明らかになったわけなんですが。

    どっからどう見ても漫画です。

    脚本の金城さんは、こんなスペシャルな設定つけて、どんだけ岡田君をカッコ良くしたいと思ってるんでしょうか? 大賛成です。もっとやってください。この際、やりすぎなくらいカッコ良くしてください。ストーリーなんか、少年漫画みたいに分かりやすくストレートなのでいいよ、この設定なら。
    いやもう本当に、金城さんが岡田君のことを好きすぎるみたいで、私はもうどうしたらいいのか分かりません!(どうもせんでいい)

    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    なんですと!
    明日本屋でチェックして参ります!

    今日発売のTVLIFEご覧になりましたか?
    岡田准一をスタッフ&キャストが語ってるページがあるんですけど
    そこに、小さく岡田さんメガネの写真が載ってます。
    ちっちゃいし、正面向いてないのではっきり写ってませんが
    ドラマが始まれば、はっきり見られますね~
    楽しみ~~~
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク