スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    相棒5 第7話『剣聖』

     うーん。
     何ゆえ私は、こうも古沢脚本とは相性が悪いのか。
     二次創作くさいからか? 一種の同族嫌悪か?

     なんかのっけから、

    「きたな、武蔵」

     で、もう帰ろうかなと思ってしまいました(どこに?)
     なんだろう。この据わりの悪さ。

     まあ、イタミンと薫ちゃんの剣道着姿は視聴者サービスカットでいいとして。
     右京さんが殺人事件に対して「興味深い」とか言って、イタミンが怒って、右京さんが「怒られてしまいました」とか言って、薫ちゃんが「そうですね」っていう一連の流れには。

     そ れ は 違 う だ ろ 。

     と、軽く殺意が芽生えてしまいました。
     まあ、私ったら、こんなに右京さんに思い入れがあったのねえ。なんだかびっくり。

     だーかーらー。
     右京さんは慇懃無礼なだけで、無神経じゃないし、殺人事件が好きなわけでもないんだ。
     亀も単細胞なだけで、空気読めない馬鹿じゃないんだ。

     古沢さんも小器用な人だとは思うんだけど、なんていうか、「ここは外しちゃダメだろ」な部分を外してるから、古株ファンとしては違和感が・・・。
     古沢さんのライトさは、ほんとに若い人の描く軽さなんだよなあ。


     しかし、後半は良かったと思います。
     主に、息子役の俳優さんの演技が。
     あらー、この人知らないけど、演技巧いなあ。劇団の人かしら。と思って軽く調べてみましたが、ちょっと違うみたい。

     『親子で真剣で練習するって、あり得ないだろ』
     とか、
     『ひきこもりのくせに、ぺらぺら喋り過ぎじゃないの?』
     なツッコミを置いておけば、父親を超えられない息子の苦悩はリアルだったなあと思いました。

     あと、DVDとオフィシャルガイドブックの告知は神でした。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    こんばんみ。

    ブログ見させていただきました。
    そして確かに、松田龍平くんに似ているなあと思いました。

    >「来たな、武蔵」
    あれは、最後の方でフォローがあったのでまだ救われました。
    ああ、不器用な父親なりの精一杯のギャグだったのね、と思ったら許せる気になりました。はい。

    思わず登場してしまいました。ひつこい

    >あらー、この人知らないけど、演技巧いなあ。

    もうお調べになったと思いますが藤間宇宙君と言います。
    あとは私のブログ読んでいただければと思います(と言っても大したこと書いてませんが^^;)

    確かに「きたな、武蔵」には一瞬背筋が寒く・・・
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。