木更津キャッツアイ ワールドシリーズ公開直前

     そんなわけで、今月末には『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』が公開されます。
    (見てしまったら考えが変わってしまう。見る前の気持ちを残しておかねば。)
    と、半年くらい前に考えて書き始めたのですが、相変わらず書くのが異常に遅いので、ようやく書き終わりました。
    うーん。正直、書ききれてない気がするのですが、見終わったらまた何か書きます。多分。

    あ、あと、ネタバレ回避のため雑誌も公式HPもほとんど見てないので、ものすごい勘違いなことを言っている可能性があります。
    それでもよければどうぞ。



    Adolescence’s End or Adulthood's Beginning




    木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』制作決定!
    の知らせを、2005年の12月に、何度目かの深夜の再放送で得た訳だが、その時の私の正直な気持ちは、
    (・・・・・・・微妙)
    だった。

     なんで素直に喜べなかったかと言ったら、私の中で『木更津キャッツアイ』という物語は既に、ドラマ版全9話で完結していたからだ。
     奇跡の映画化『日本シリーズ』も、
    (別にやんなくてもいいのに)
    と思っていたけれど、
    『これはファンサービス』として、お祭り騒ぎを楽しむことができた。

     それを映画からは3年、ドラマの終了からは4年以上もたつ今頃になって、私の中に『殿堂入り』のラベルを貼られて冷凍保存されていたその感情を、わざわざ取り出してきて、解凍して眺める気持ちにはなれなかった。
     解凍したら品質が変わってしまう。
     そして、新しい『何か』を見てしまったら、絶対そのことに影響を受けてしまって、それまで大切にしまってきた感情が変化してしまう。
     それが怖かった。


     『木更津キャッツアイ』という作品は、その話の骨格自体は、オーソドックスな青春群像劇だ。
     しかし一見してそうは思えないのは、その骨格が傍目には見えなくなる程、余剰で過剰なアレコレで装飾されていたからだ。
     視聴者の予想の斜め上を突っ切って行きながら、ふと気づくと『しかるべき地点』に着地しているストーリー。
     緻密な計算と、怜悧な知性。
     オフビートなギャグにまぎれて、時折暴走する狂気と野蛮な情動。
     そうした相反する要素が、分裂することも無く、不思議なバランスで成り立っているドラマだった。
     そして、宮藤官九郎という人は、大人の計算で物語を紡いではいるけれど、その一方で、未だに思春期性を強く保っている作家だと、感じた。
     思春期のキーワードは羞恥心。
     前髪が決まらないとか、授業中おなかが鳴ってしまったとか、大人から見たら些末なことが狂おしい程に気になる、そういう心性。

     クリエーターっていうのは自意識の塊だから、「これやったら恥ずかしい」と考える範囲がものすごく広いのだろう。そもそも作品作って自己主張するあたりが既に恥ずかしいことなので、せめて自分が恥ずかしくないあたりで、モノを作っていこうとしているのだと思う。
     だから、

    『死ぬのは怖い』
    『死なれるのは辛い』

     そういう普遍的な感情を描くのにも、ありきたりなエピソードを用意したりはしなかった。
     父親は息子の死期を知った時に、女装で歌い。
     息子は肉まんで顔をぱんぱんに膨らませながら、「死ぬのって怖えな」と呟く。
     どちらもマヌケなことこの上ない絵面なのに、この上なく切ないシーンだ。
     その一方で、主人公のいまわの際(仮)シーンは、音声が無い予告では、普通にシリアスなシーンだったのに、音声が入った本編は、抱腹絶倒のお笑いシーンになっていた。  

     『死』という重いテーマを扱っていても、その単語から予想されるような湿っぽさや、分かりやすい悲劇性は、強迫的なまでに排除されていた。
     私は、その描き方の独自性に驚喜したのだ。
     どうやっても、作家の思考には追いつけなかった。何度も何度もだまされた。
     作劇が技巧的なものであればある程、熱狂できた。
     それらは、この上も無い快楽だった。




     いつからだろう。 
     人の死を『商品』として消費することに、抵抗を感じるようになったのは。
     4年前なら、それが出来た。とても無自覚に。とても無邪気に。
     当時の私にとって『死』とはまだ、どこか遠くの出来事だったから。
     だから、人ごととして、作品として、無責任に他人の『死』をフィクションとして消費することが出来ていた。
     もしもそれを不謹慎だと咎める人間がいたならば、それは無駄に年を取った人間の、錆び付いた感性が言わせた戯言だと、鼻で嗤っていたことだろう。

     要するに、私も4年分年を取り、それだけ色々な出来事にあったということだ。 
     大学の時の先輩が、持病も無かったのに突然死んだり。
     仕事先での直接的、間接的に知り合いの死に遭遇したり。
     肺ガンで余命2年を告げられた私とほぼ同年齢のライター(http://www.publiday.com/blog/adrift/)が、死の間際までリアルタイムで書き綴ったブログを読んで、リアルな嘘と、嘘くさいリアルの境界線について考えたり。

     そんな経験が増えるにつれて、『死』はもう私にとっても、『他人事』ではなくなってしまった。
     もし今の自分が、全く予備知識無くドラマ版を見ていたとしたら、あそこまで熱中できていただろうかと、ふと考えることがある。
     微妙に物の見方が変化してしまった今の自分が『ワールドシリーズ』を見て、もしも楽しめなかったとしても、それは作品の問題なのか、作品を享受する自分の側の問題なのか、判別できる気がしなかった。
     それが、制作発表を聞いた直後の気持ちで、だから、気持ちは凪いでいて、
    (今更作って欲しくもなかったけど、決まったのなら仕方が無いね)
    くらいに醒めていた。


     ただ、完結編の知らせから半年たって、ネタバレを遮断していても耳に入ってくる断片的な情報を聞くうちに、私もゆっくりと心の準備ができてきた。
     ドラマの終了直後に見ていたら『堕落だ』と思っていたかもしれない変容も、今なら『成熟』として受け止められるだろう。年をとって変わったのは私だけでなく、多分作り手たちもそうなのだから。
     こういう言い方は下世話かもしれないが、クドカンも父親になってしまい、生命エネルギーの塊を目の当たりにしてしまったから、前のように死をネタに笑いをとるようなことには、どこか抵抗が生まれてきてしまったのではないかと思う。
     


     おそらく、今回の完結編はもう、主人公のための話ではない。
     彼に遺された人たちの、喪失と再生の物語だ。
     現実世界で経過した時間も物語の中に組み込んで、そして、3年前には直面するのが恥ずかしくて、なんとなくはぐらかしてやり過ごしてきた大人になるための通過儀礼を、もう一度やり直すのだろう。


     木更津という閉じた世界の中で、彼らは主人公を中心に、心地の良いモラトリアムの時代を漂っていた。
     だが、永遠に続くかのように思えた穏やかな時間は、主人公の死とともに終わりを告げる。
     求心力を無くした彼らは、自ずと外に向かって拡散していくしかなかっただろう。
     ゆっくりと。とても静かに。それでも確実に、元居た場所からは遠ざかる。
     そして、時間的にも空間的にも、遠く離れたどこかの場所から、かつて自分がいた場所を振り返った時にようやく、ある時代の中に居た自分を客観的に眺めることができるようになる。

     遅れてきた季節の中で、親友の死が、自分にとってどんな意味を持っていたのか。それに気づいた時。
     3年前には言えなかった『さよなら』を言うのだろう。
     それは同時に、彼らが少年期に終わりを告げる言葉でもあるはずだ。


    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    わー、私ったら、モテモテじゃないですかあv-238
    ・・・ごめんなさい。嘘です。ちょっと調子に乗りました。
    皆様のお陰で生きております。いや本当に。

    そんなわけで、ぴーぶーさんのおかげで、一足先に完結編を見られることになって、今心の準備をしている最中です。

    どういう内容にしろ、大泣きする準備は万端です。
    木更津行くかどうかは、それ見てからの判断でいいですか?

    なんていうか、色々思うところがあって。
    純粋に完結編を『楽しみ』にしている訳ではなくて、どちらかというと「見届けなきゃなあ」という、一種の義務感に近い心境があって、こういう状況で聖地巡礼に向かうのはどうなんだろうとか、色々考えてしまったりしています。なんだか、他の人と比べて、思いが純粋じゃない気がしているんです。

    感想は多分、口では上手く言えないと思うので、また文章にすると思います。そうするとまた、アップするのは半年後くらいになりそうですが(遅)。
    あー、なんか凄いわ。
    やっぱり、美夜さんって、凄い。
    初日、ご一緒できたら本当に嬉しいんですが
    無理は申しません、上のお方から美夜さんの
    ご感想をお聞きする事に致します。
    でも・・・「初日に木更津に、来ませんか?」とは書いておきます(笑)
    私は公開前に美夜さんとご一緒できるので
    贅沢だとは思うんですが、やっぱり言いたい!!
    私も美夜さんと一緒に木更津行きたいですぅぅぅ。
    わーくやしい。
    まさにおんなじことをクドカンが制作発表で言ってます。
    情報閉ざした状態でそこまでたどりつけるのがさすが美夜さんだわー。
    だから公開日には一緒に木更津行きましょうよう(笑)。
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク