MEATBALL MACHINE 初日舞台挨拶

    見てきました。

    山口雄大監督は、相変わらず気のいいアニキって感じでした。
    ちなみに、ミートボールマシン(以下MBM)は、映倫通してないそうです。
    確かにR指定はついてなかった。
    しかし、レイトショーでは、どのみち未成年は見られなかろう。

    高橋一生くんは、やっぱり頭のいい人だなあと思います。
    私、彼と同じ年くらいのときに、こんなに理路整然と自分の考えを語れたりしなかったよ。
    今も出来ないけど。

    以下、微妙にネタバレ気味の感想です。
    未見の方はお気をつけ遊ばせ。

    私はホラー愛好家では全くないし、普段自発的に恐怖映画を見る人間でもないのですが、『MBM』はそんなに怖くなかったです。
    あれ、スプラッタホラー謳ってるのに怖くないっていうのは、褒め言葉にならないんだろうか?
    えーと。
    なんつーか、普通にストーリー性のある、出来のいい映画だと思ったのですが。

    『日本では一般公開が見送られ』る必要がある程、えげつなくはなかったと思うんだけど。
    やっぱあれか。
    子どもが殺されるのがまずかったのか? 

     そりゃまあ、血の雨も臓物もまき散らされてましたけど、映像としてみる分には、ローパジェットとは思えないくらい、綺麗に撮れてるなあと思いました。
     CGじゃなくアナログにこだわったって言ってたから、それで着ぐるみの戦いでは、チープになってるんじゃないかなあと思ってたんだけど、全然そんなことなかった。
     さすがに、一生くんの胸のところから大砲が出てきて発射された時は、
    『やべえ、笑いたい。ギャグ? これってギャグ?』と思ってしまった私の頭が憎い。
     だから、スプラッタとギャグは紙一重なんだってば。
     
     所謂残虐描写にしても、『これ以上描写したらえぐい』地点になると、ぱっとカットが切り替わってたので、むしろ、抑制してるんじゃなかろうかと思いました。
     私は、爪を一枚ずつ剥がすとか、いたぶることを目的とした残虐描写は嫌で、なんでかというと見てるだけで痛くなるからなんですが。
     どうせやるなら、首チョンパ、人体爆発くらいの方が、むしろ嫌悪感少ないですね。


    「海外の映画祭では、さんざん『鉄男』に似てると言われた」らしいので、『MBM』見る前に『鉄男』も見てみたけど、私は全然似てないと思いました。
    『鉄男』はアートフィルムって感じで、映像美を楽しむものでしょう。モノクロ映像が鉄の質感を際立たせて美しいなと思いましたが、何しろストーリーが無いので、3回程寝かけましたが。

    『MBM』は、エンタテイメントっていうか、ぶっちゃけベッタベッタな話ですよ。
     童貞オタク青年が、好きな女に気持ちを伝えようと思ったんだけど、女にはトラウマがあって、そのことで女を傷つけてしまって、なんとか取り繕おうと思ったら邪魔が入って、最終的には気持ちを伝えることが出来ましたが、結局悲恋に終わりましたというね。
     でもこれをそのままやったらすげー恥ずかしいから、照れ隠しで、血とか臓物まき散らしているんでしょう。
     悪い男に絡まれたヒロインを助けるだなんて、どこの『電車男』かと思いましたが。

     でも、こういうのって、私好みのラブストーリーだったりするんですよね。
     私も、普通の恋愛ものは、こっぱずかしくて見てらんないんですが、純情男がストーカー気味に暴走する片思い話は、かーなーり好きです。
     やっぱり、主役が童貞って言うのがポイントよね。
     まだ女に対して、すんごい理想を持っちゃってるから、エナジーの暴走っぷりが凄くて、勘違いをまき散らしながら一途な恋心をぶつける姿が、みっともなくて可愛くて愛しいんですわ。

     一生くんは予想通り、そういうナイーヴな演技がめさめさ上手かったです。

     例のキスシーンも、予告編ではドキドキしてたんですが、映画館で見てみたら、左胸の下辺りが、きゅーきゅーですよ、きゅーきゅー。
     んもー、なんかすっごく切ないんだよー。
     寄生されて変形してしまった体にコートかぶって徘徊する姿とか。
     ぐったりと倒れ込んでる姿に、泣きそうになったのはここだけの秘密だ。 

     でも、ラストのアレはぶっちゃけ蛇足でしたな。
    「あーもう、やっちゃったよ」って頭抱えたくなった。
     多分、あのまま終わるのが恥ずかしくて、ついつい外国映画のパロディ(私には何となくマーズアタックが頭に浮かんだ)入れてしまったんだと思うんだけど、そういう照れ隠しいらないから。 普通に終わっていいから。あれで一気に全編ギャグになっちゃったから。
     DVD化の際は、切って欲しいなあ。あれ。

    プチ私見

    ・この映画で一番キモチ悪かったのは、手塚とおるさんの顔。
    おじさんなのかおばさんなのか全然分かんないんだもん。
    あの、ほっぺたとあごの肉のつき具合がものすごくいーやーだー。

    ・パンフに、雨宮慶太デザインネクロボーグデザイン画が載ってますが、ヨージの顔は、一生くんには全く似ておらず、なんだか鋼牙くんに似ています。かーんーとーくー(笑)。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Trackback
    Trackback URL
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク