【吾輩は主婦である】 終了

    ミッチー目当てに見始め、
    高橋一生くんの登場に、このドラマに唯一欠けていた『萌え心』を刺激され(それは私だけかもしれないが)、
    最後に、本田博太郎の顔出し登場に狂喜乱舞した『吾輩は主婦である』が、先週最終回を迎えました。

    いやー博太郎カッコ良すぎ。
    年くってても,いい男だよなー。
    漱石の墓の前でのドアップが、ハンサムすぎて死ぬかと思ったもん。
    どうしてこんなにカッコ良いんだろうと思っていたら、オールバックじゃなかったんだよね。白髪まじりの頭髪+無精髭もセクシーだわ。
    だから、私の本質はオヤジ好みなんだっていってんだろっ!(一人逆ギレ)

    えーと本題ですが。
    とにかく、手堅くまとめて終わって、良かったと思います。
    『吾輩』原作のミュージカルのパンフを見ているシーンでは一瞬、
    (はっ、まさか、今までのは全部ミュージカルだったというオチなのか?)
    と、『マンハッタン・ラブストーリー』の悪夢を思い出してしまいましたが、あそこまで凝りすぎて破綻するようなことはなかったので、安心しました。

    「こんな生活感のない人が父親役やるの?」と思っていたミッチーもいい感じだったし。周りがみんな変な人だから、ミッチーがそのまま『ぽん』といても浮かないんだよね。
    斉藤由貴さんも、あんなにはっちゃけてくれる人だとは思いませんでした。クドカンドラマに出た女優さんて、(そこまでさせるか?)と思うほどいじられるけど、振り切れた演技がとってもキュート。
    あと、演技が下手な人がいないし、変な人はいっぱいでてくるけど、嫌な人は出てこないから、見ててストレスの溜まらない、いいドラマでした。

    清水・・・じゃなくて五十嵐くんは、数ヶ月前までど素人だったそうですが、なんか全然そんな風に見えなかった。普通に演技こなしてた。うーん。やっぱり演技というのは、最初から出来る人は出来るんだなあ。これもセンスの問題なんだろうね。いくら場数を踏んでも、ちっとも巧くならない人もいるもんね。(深?恭子とか伊東?咲とか)
    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク