スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    no title

     マイハズバンドが、一週間の出張から帰ってきたのですが、
    「なんか、言語感覚が前と違ってない? 妙にリズミカルというか」
    と、指摘されてしまいました。
     あ~。それは多分、クドカン昼ドラを毎日見ていたせいじゃないかなあと。
     もうやあね、私ったら、影響されやすいんだから。

     まあそんなわけで、たやすく影響されてしまうくらいに、【我輩は~】は気に入っているわけなんですが。
     でも、これを見たあと【偽りの花園】を見ると、ギャップが激しすぎて、倍疲れます。【偽り~】の方も、みわこ様のご復活により、さらに盛り上がって参りましたが、松田さんが出てなかったら、絶対見ないタイプのドラマですわね。
     コントだと思って見ているのと、作り手たちがそのことを【分かって】作っているから、なんとか脱落せずについていけてますが。

     だって、みわこみたいにすぐ死ぬ死ぬ言って相手を脅迫してコントロールしようとする女は、「じゃあ死ね、今死ね、さっさとこの場で死んでしまえ」と私の中の見たくない負の部分が顕在化してきて鬱になるし、この手の女は、人のせいにする能力がずば抜けているので、うかつに付き合うといつの間にか利用されてしまう上に、言うことを聞かないとこっちが悪者に仕立て上げられてしまい、いわれのない罪悪感まで植え付けられてしまうという恐ろしい女なので、見たくないし、関わりたくないし、そばにもこないでほしいのです。
     しかし一見普通の人に見えるし、独特の魅力を持っていることも多いので、美人だったら男の人にももてますが、この手の女の異常さを認識できずに付き合い続けてしまう男は、見る目がないなあと冷めた目で見てしまいます。
     結論。故に、顕彦さんはやっぱりおつむの足りないぼんぼん、略してばかぼんだと思う訳です。

     松田さん自身もあんまり、最近のあっきーの言動には納得して演じている訳ではないんじゃないでしょうかねえ。
     いくら話の都合とはいえ、実質上の妻と娘を殺そうとする女を放置したままって、変だもの。いらない女なら、手切れ金渡してさっさと捨ててしまえばいいのに、別れてくれと言いながらミモザ館の経営からは手を引かないし。意味分かんない。

     と、ストレスを抱えつつも、もうここまで見たからには最後まで見ないとなあ、と思っています。

     あ、あと最近出てきた若いツバメは、最後に顕彦さんか、みわこさんをナイフで刺して殺すか、逆にみわこさんに刺されて死ぬと思います。刺すか刺されて死ぬ要員だと思います。そのためだけに出てきたように思えて仕方がありません。

     なんかもう、共感できるキャラがいないから、全員戦争で死んでしまえばいいよ。
     あ、でも、茜ママは唯一の良心だから、天寿を全うしてほしいです。
     あ、あとごんぞーパパもかっこいいから、生きててくれていいや。
     あと、子どもが死ぬのは不可。なので、進一さんとひかるちゃんも生き残っていいよ。






    関連記事
    スポンサーサイト
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。