Archive | 2008年06月

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『瞼の母』感想 全体篇

    全体の印象。
    くさなぎくんは、テレビで見るよりは舞台で観る方がカッコいいと思いました。ただ、品がありすぎて、ヤクザ者には見えなかったですが。殺陣ももちろんこなせてるんですけど、なんか『軽い』んですよ。多分、コンサートでのダンスは、上方向に、重力に逆らう動きが重視されてるんだと思うんですけど、殺陣は下に力を溜めて地を這うように動くものでしょう?  だからかなあと思ったんですけど。どうでしょう? 
    時代劇台詞は言い難そうでした。
    大竹しのぶさん演じる母親との対面シーンは、さすがの迫力でした。大竹さんに負けてなかったねえ。

    演劇世界では有名な人がたくさん脇役で出ていて、まあ贅沢なんですけど、『ええ、この人がこれしか出ないの?』と思わなくもなかったり。篠井英介さんなんか、本当にあれだけの出番で良かったんでしょうか? こういっちゃ何だが、もし私が彼のファンだったら「ばかにするなあっ!」って怒ってたかもしれない。そういう意味では、贅沢というよりは無駄遣いじゃね? と思わなくもなかった。この物語に出てくる『母親』は、全員篠井さんが演じればよかったのに。
    と、次に篠井さんが出るお芝居のフライヤーを見て思ったよ。『「女」に取り組み続ける四十路を超えた3人の男の物語』ですって。んでね、『相棒』で三浦刑事をやってる大谷亮介さんと、ヒロコママ役の深沢敦さんも出るの。うは。そういえば大谷さんの舞台はまだ見たことないぞ。行こうかなあ。
    『ウドンゲ』HP  http://www.g2produce.com/3cha/udonge/index.html

    セットはすごい金かかってそうで凄かった。特に、忠太郎と母親の対面シーンで、部屋の外に咲いている桜がすげー綺麗で見蕩れてしまいました。あれは凄かった。
    関連記事
    スポンサーサイト

    『瞼の母』 感想

    一週間くらい前にもう観てきました。

    お目当てだった。高橋一生君のことを最初に書きます。

    登場人物が多い演目だったのですが、その中でも悪目立ちしせず、かといって埋もれることもなく、演じるプロとしての自分の仕事を、きっちりとこなしてるって感じでした。さすがだわ。

    役柄は、主役の弟分の半次郎。
    イキがってるけど口先だけの弟分を、どこかコミカルな風情をただよわせながら好演してました。
    まあ私、『傷だらけの天使』を偏愛している人間ですから、「あにき~」が口癖のヘタレ男子は、無条件で愛さずにいられません。
    殺陣もそつなくこなしてたし、太ももチラチラのサービスもたっぷり堪能させていただきましたぜ、うへへ(お約束)。

    前半の中心人物で、いい役だったと思いますが、後半の出番はなかったので、一生ファンとしては、一回観ればいいかなあ、という感じでした。
    くさなぎファンなら何回行ってもいいと思うよ。


    関連記事

    『から騒ぎ』を読んでみた

    感想は・・・
    やっぱり何がどう喜劇なのか良く分からないです。多分私の基礎的教養がないせいです。
    というか、登場人物の背景がさっぱり分からない。
    基本、小説向けの脳だからなあ。ト書きと台詞だけ読んでも、状況がつかめない。
    この人いくつなのっっ? どんな格好してるのっ? 全然分かんないわよっ! 状態です。

    かろうじて分かったのは、

    ビアトリスはツンデレ

    ってことだけでした。

    まあ、ツンデレ役には定評のある高橋一生君のことですから(と、私が認定しました。異議は認めますん)、きっといいツンデレ女性を演じてくれることでしょう。

    いやあ、さあすが大作家先生ともあろうお方は、何百年も前に、遠く離れた異国の萌え事情をも見越した作品を書かれていたわけですね。さすがだなあ(棒読み気味に)。

    ・・・映画があるらしいから、それで補填するか。
    以前、家人の会社の人からチケットもらったので、オペラを一度だけ見にいったことがあるのですが、その時もこんな感じで予習してたなあ。
    予習をしても、ストーリーには、『それはねーよ』みたいなことはありまくりでしたが。

    とりあえず、一生君に一言だけ言っておきたいことがある(勝手に)。

    金髪のヅラはやめとけ
    ぶっちゃけ、それは似合わないと思うんだよねえ。
    やっぱ黒髪だよ。黒髪がいいですよ。そうしようよ(誰に言ってるんだか)
    関連記事
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。