Archive | 2006年02月

    引っ越し準備中

    なので、ばたばたしてます。
    4月過ぎるまで、更新はあまりできそうにありません。
    引っ越しはお金かかりますねえ。
    いい機会だから、古いものを処分して買い換えましょう、と思うと、あれもこれも欲しくなってしまいます。わーい、散財だ散財だ(やけ)。

    今使ってるパソコンが、もうすぐイカレそうな感じになっているので、ついうっかりiBookを買ってしまいました。ついでにプリンタも買ってしまいました。この際Air Macも購入して、ワイヤレス環境に踏み切ってしまおうかしら。らりら~ん。

    しかし、初代iMacを購入してからこの5,6年の間に、OSが進化しまくってしまい………。
    何がなんだか分からない状態です。
    だーもう、色々覚え直さなくちゃならないこと多すぎ。
    なため、せっかく買ったiBookちゃんに、あまり触れてません。
    早くデータ移さなくちゃならないのに。
    だって、移してもそのままじゃ表示されないのが多すぎて。

    まあそんなわけで、新パソに移行したら、旧サイトのメンテナンスが出来ないので、事実上の更新停止になると思います。
    4月以降の更新は、全部このブログですませてしまうことになるかもです。
    木更津と、相棒のサイトからいらしてくれてる方は、今後はこっちもチェックしてくださいまし。

    関連記事
    スポンサーサイト

    しまったーーー!

    細川さん特集の『広人苑』
    録画し忘れたーーーっ!!
    スパライの時に、
    「バレンタインデーの前日だからね」って言われてたのに、まだまだ先だと思っているうちにすっかり忘れてしまった。がっかり。


    マジレン最終回
    なんで私、涙ぐんでしまってるのかしら。
    マジレンには全然思い入れなんかなかったのに。
    ああ私、やっぱり疲れてるのね。というか、むしろ病んでるのね。うん。分かってる。
    やっぱり大団円ていいよね。
    王道って最強だよね。
    つーか、マジレンはストーリーの構成が凄く綺麗だったんだよ。
    描きたいことをきっちり描いてた。
    制作者に愛されてる作品は幸せだね。
    エンディング前に毎回、白菜が早口でべらべら魔法の説明してたでしょ。
    最終回はそれがなくって、魔法使い達の1年前と現在の映像で終わるのね。
    あるべきはずのものがないだけで、こんなに切ないんだなあと思って、また泣いてやんの。いい加減どうかしてるよ、私。

    関連記事

    東映ヒーローマックス

    松田賢二さんインタビューから、びっくりしたこと2点。

    1.「自分で後ろ向きに川に飛び込んだ」
    ええええ~~~。それって、二十七之巻、童子・姫との生身アクション回のあれだよねえ?
    もの凄く松田さんに見えるけど、でもまさか役者さんにあんな危ないことさせないだろうと思ってました。
    そして、(随分松田さんと背格好の似たスタントさんだなあ。あのくるくるの髪の毛はヅラかしら?)って思ってました。
    なんてことだ。
    みなさん気付いてたんですか? 私だけですか、気付いてなかったのは。
    うおーーもったいない。確か両手でかばってたから、顔が見えなかったんですよ。だからスタントさんだとばかり。
    後で見直さなくては。
    御身大切に、としか言えませんが。
    でも、『全部自分でやりたい』というのは、役者としての欲求なんでしょうね。


    2.「『傷だらけの天使』とか凄く好きで」
    ぶっ。
    まあ、あの年代の男性は好きな人多いし、バトロコは傷天へのオマージュらしいから、別に松田さんが傷天好きでも何の不思議もないですけど、いざこうやって目にしてしまうと、結構感動しますね。
    なんだそうですか。それなら言ってくだされば、いつでもDVDお貸ししますから(誰に言ってるんだ誰に)。
    最初はレンタルビデオで見ていたんですけど、なにせ30年以上前のドラマだから、音声が最悪で。
    「あ~~~イライラするっ!」と、DVDボックスを衝動的に買ってしまった私。
    しかし、傷天ファンの男性は大抵ショーケンファン。
    私は、水谷豊さん演じるアキラちゃん派なんですが…………。
    やっぱり、男の人から見ると、おつむの弱い貧しいオカマなアキラちゃんは、かっこわるすぎてだめなんでしょうか。そこがかわいいのに~~~。嘘だと思うなら見てみてよ。大手のレンタル店ならおいてあると思うから。
    そんな彼も、今はすっかり東大卒のインテリ奇人警部に。

    え、ショーケン?
    え~、だって、若い頃のショーケンて、
    目が合っただけで孕まされそうなんですよ。
    嘘だと思うなら以下省略。
    ちょっと私にはワイルドすぎました。はい。

    関連記事

    スパライ二日目 とっちらかりレポ

    ほどんど、細川茂樹オンステージと化していた、スパライ二日目。
    後半はほとんど司会と化して、レギュラー陣とからんでいたので、細川さんと他キャストとの間に、どんなやりとりがあったのかを中心にレポします。
    相変わらず順番は滅茶苦茶。雰囲気だけどうぞ。


    細川×川口真五

    細:「久しぶりに見たけど、どうしたんだよ。ハードゲイみたいだぞ
    ほーそーかーわー。
    何となく思ってたけど、口には出さずにいたことを、そんなはっきりと(爆笑)。
    確かに最初見たときに、
    (あれ? 川口君、色黒くなった? 胸板厚くなった?)
    と、思ったんだけどね。
    川:「役作りで、日サロで焼いたんですよ。顔の皮剥けちゃって」
    ああ、気のせいじゃなかったのか。詳しくは言えないけど、4月クールのドラマが入ってるんだってさ。
    日焼けして、体を鍛えてるって、どんな役だろ?
    ………タイのキックボクサー? 
    ごめん。細川さん以上に、見たまんまのこと言っちゃった。
    ハードゲイ発言がショックだったのか、2回目では白いタンクトップから黄色いTシャツに着替えてました。
    で、斬ちゃんのジャケットを着ていて、Tシャツについた焼けこげを隠してましたとかなんとか言ってたんだけど、それがコントなのか、ただの事実を言っただけなのか、謎。
    やっぱり川口君の考えてること、良く分からないなあ。


    細川×栩原楽人
    細:「かわいい顔してるでしょ。この可愛い子が1年たって、こんなに可愛く成長したんですよ」
    細:「屋久島に行ったときは、あまりかわいいから、フェリーから落ちた子と明日夢とどっちを助けようか一瞬迷った」
    とまあ、
    ‘今かわいいって何回言った?’
    な勢いで、かわいいを連呼してました。
    まあ、実際かわいいというか、キレイになっちゃいましたけどね。
    細:「栩原は、芝居の話しかしない」
    細:「結構、中村と互いにライバル心持ってて、中村が明日夢のセリフまで練習してたら『明日夢のは言わなくていい』とマジで怒ってた」
    楽:「だって、僕のですから」
    細:「まさに二人はプリキュアだね」
    …………(想像中)…………。
    うん。明日夢君なら、白キュアの格好がフツーにいけそうだ。
    でさ、これは前から思ってたんだけど、明日夢君はキリヤというライバルが出てきて、そいつが今時のイケメンだったから、別方向の美少年へとメタモルフォーゼしちゃったような気がしてならないんだよね。だって、後半の明日夢君の変化っぷりって凄まじかったじゃない。最終回の明日夢君なんて、ほんとにどこの美少女って風情だった。

    細川さんは、楽人君の俳優としての資質とか熱意を凄く評価していて、楽人君も細川さんのことを本当に信頼しているんだなあ、というのが良く分かりました。
    いいコンビだね。



    多分続く

    関連記事
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク