Archive | 2005年08月

    響鬼 第二十九之巻「輝く少年」

    あー面白かった。あー面白かった。あー面白かった。

    感想端折っちゃった話の分も言っておこう。

    おーもーしーろーかったーーーーー!


    神です。ここにドラマの神様がご光臨あそばされましたよ。

    続きを読む
    関連記事
    スポンサーサイト

    現代大人ヒーロー考1 響鬼/細川茂樹編

    細川さんはもともと『007』が好きで、仮面ライダー役を引き受けるに当たっても、最初は007みたいな都会的ヒーローを想定してたそうですが、結果的に『ヒビキ』はそういうキャラにならなくて良かったなあ、としみじみ思います。高寺プロデューサー、グッジョブ!
    続きを読む
    関連記事

    劇場版『仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼』公開記念トーク&握手会レポ

    出演者: 川口真五 松田賢二 栩原楽人 


    会場は、20~30代くらいの女性が多くて、あとは親子連れと、ちらほら男性。

    一緒に行ったMさんは「ヒビキ子どもに人気ないよ」と嘆いてらっしゃいましたが。いやだって、今日主役来てないじゃん。子供はそっちにいってるんだよ、きっと。

    と思ってたら、うちのダンナちゃん曰く、

    「自分が見に行くためじゃなきゃ、あんな倍率高いチケットとるだけの気力は出ないだろ」

    確かにな。

    ちなみに、チケットの本来の発売日に、「ロッピーの使い方なんかしらねえよ」なダンナちゃんのケツをひっぱたくようにして、私とは別のローソンからチケットを取らせようとしたのはこの私です。

    ひどい話だよねー。【他の男に】会いに行くために、旦那使ってるんだもん。

    まさに鬼畜の蛮行。つまりは

    『鬼嫁』

    って、キレイにオチつけてる場合かい!

    そんな鬼嫁が、鬼さん達に会いにはるばる京都まで行って来たですよ。

    続きを読む
    関連記事

    響鬼 第二十六之巻「刻まれる日々」

    あー、もう、どうして響鬼ってこんなに面白いのでしょうか。

    高寺プロデューサー、愛してます。と、思わず告白してしまったり。

    いや、ここ2、3話、もちろん面白かったんだけど、商品販促のニオイも感じちゃったりしていたのでちょっとね。大人の事情だから仕方ないんだけど。

    今回はストーリーが動いたし、カメラワークもかっこいいしで、えらいこと興奮しましたわー。

    まだ次回に続くので、印象に残ったことをつらつらと。

    続きを読む
    関連記事

    テレビ誌情報

    TV Bros.

    お待ちかねの、松田賢二さん=ザンキさん特集です。

    おおおおおおお。これはすんばらしい。とくに写真。

    撮り下ろし写真数点と、響鬼からの転載が数枚ありますが、どの写真もいい!

    さっすが、ブロス様。ファンのツボを良く心得てらっしゃる。編集部にファンがいるというのは、あながちただのリップサービスというわけではないのでしょうね。

    松田氏は髪の毛がちょっと短くなってました。短髪にすると、随分雰囲気が若くなりますね。

    ザンキさんの復帰は、8/14だそうです。生身のアクションがあるんですって。うはー。それは凄く楽しみ。

    響鬼さんも、轟鬼君も、斬鬼さんも、生身のアクションもイケる人達だと思うので(イブキさんは……不問と言うことで)、個人的にはどんどんやって欲しいなあ。もちろんケガしない範囲で、ですけど。






    ■TV LIFE

    今週のコラム担当は松田さんです。ハイテンションな川口君とは違って、落ち着いた語り口でございますね……

    と思いきや、またトドロキが!!


    『彼はすごいツッコミにくい変なボケをかます』

    (by高寺プロデューサー 特撮NTロングインタビューより)


    というのは、こういうことですか?

    そりゃ引くって。周囲の人引くって。浮いちゃうって。

    やらない。普通、27歳の男性は34歳の男性にお揃いのニットキャップを贈って、仕事場で鉢合わせするようにし向けたりしない(なんて要約してしまうと………もの凄く……)。

    ギャグよね。これは、ギャグのつもりなのよね。師匠の言うところの、シュールな一発ギャグなのよね。凄く分かりにくいうえに笑えないけど、他意はないのよね。

    他意があるとしたらどんなんだろう、と思って色々考えてみたら、とても書けないようなことが色々頭に浮かんできてしまいました。

    こんな風に反応してしまうのは、私の頭が腐っているせいなのか、誰が見てもそう思えるのかを判定するため、旦那ちゃんに「見て見て~。ザンキさんのコラム~」と、読ませてみました。


    「これ、ザンキさんが自分で書いてるの?」

    「そうだと思うよ。松田さんHPやメルマガの文体と同じだもん」

    「ふーん。コラムとして良くまとまってるね」

    おー。文章が褒められてますよ。松田さん。

    轟鬼君のエピについては、全くスルーでした。

    やはり私の脳の一部が腐っているのか。

    すみませんっ。鍛え直してきますっ。次の日曜日までに。


    関連記事

    特撮ニュータイプ9月号/東映ヒーローMAX vol.14

    どっちを読んでも、トドロキが派手に笑かしてくれます。

    いやー、もう、こんなに笑ったの久しぶりだわ。おっかしい。お腹痛い。

    でもさ、不審な挙動をいじられつつも、なんだかんだで周囲から引き立ててもらえてるのは、きっとあなたの人徳だと思うよ。

    特ニューの見所は、高寺Pロングインタビュー。キャスト決定秘話など、大変興味深い情報満載なので、是非とも読むべし。

    ヒーローマックスの見所は、細川×川口インタビュー。軽く体育会系サド気質があるらしい細川さんにもてあそばれつつ(え?)、食い付いていく川口君のいっぱいいっぱいっぷりが見物です。

    ち、旦那が帰ってきた。ネタバレつき詳細はまた後ほど。


    関連記事

    「響鬼」 二十五巻 走る紺碧

    前回の太鼓祭りは、新商品のプロモーションだったようですが、今回は世界水泳のプロモーションでしたね。あ、バイクもか。

    ヒビキにーさんのスイミングフォームは綺麗でした。でも、いい体してんのに、肌の露出はNGだったのでしょうか? もったいない。

    イブキさん・あきらちゃんの師弟コンビは、水着になってませんでしたが、イブキさんはガリガリ君だろうし、あきらちゃんは実はトランジスタGガールらしいので、イメージ的に脱がなくて正解だと思います。

    かわいい顔して、15歳で、色白で、巨乳だなんて、そんなの朝8時に流せない。大きなお友達が反応しすぎてしまうじゃないか。

    香須実さんはスタイルいいなあ。脚長いなあ。細いなあ。羨ましいなあ。泳ぎも上手いなあ。完璧じゃん。


    続きを読む
    関連記事
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク