Category | コンサート

    サキタハヂメさんの生演奏を聴いて来た

    ちょっと感想が遅くなっちゃったけど、行ってきました。


    「青島広志のおもしろクラシックコンサート」

    テレビなどでお馴染みの青島広志がオリンパスホールへやってきます。
    難しいと思われがちなクラシック音楽を、”楽しく”、”面白く”聞かせます。
    ゲストにはNHK「シャキーン」やTVドラマ「妖怪人間ベム」の音楽を担当している”のこぎり音楽”のサキタハヂメ。ご家族皆で楽しめるコンサートです。

    出 演/青島広志(指揮&おしゃべり)  ロイヤルメトロポリタン管弦楽団(管弦楽)
    サキタハヂメ(ミュージカル・ソウ=のこぎり音楽)
    会場:オリンパスホール八王子
    公演日時  2月26日(日) 15:00開演





    続きを読む
    スポンサーサイト

    We are Coming Century Boys LIVE Tour 2009

    カミコン代々木最終日1部に行ってきました。
    私のジャニ&演劇方面の師匠が、チケット手配してくれました。
    ほんとに、いつもありがとうございます。とっても楽しかったです(私信)。

    相変わらず、何の予備知識も持たずに行きましたが、いーんです。コンサートは曲を楽しむものじゃない!(大音量過ぎて良く分からないし)。 雰囲気を楽しむものなのだ!
    なので、コンサート名も今調べて知りました。だってあれ、達筆すぎて読めなかったよ。

    でも、ペンライトは買っておけば良かったなあと思いました。
    というのも、「曲に合わせて、客席のペンライトを前の方から順番につけていって、会場に宇宙を作ろう」というコーナーがあって。

    いやー、ファンてすごいね。
    ぶっつけ本番でも、あんな風に出来ちゃうんだね。よく鍛えられたファンの一体感って美しいなあ。
    ちなみにこの回はビデオ撮りが入っていたので、「みなさんにかかっています」とか准一さんが一生懸命MCで説明していました。

    そういえば、MCのメイン仕切りが准一さんだったんですよ。
    いやー、びっくりした。なんだか流暢にさらさらっと喋ってたんですよ。
    ええ? あの准一さんが?
    割とV6の末っ子ポジションで、みんなが言い終えた頃にぼそぼそっと喋る感じだった准一さんが?
    ステージに立ってても、頭の中では全く別のこと考えてるんじゃないか? みたいな天然臭さを発揮していた准一さんが?(もうええ)。

    最近の岡田さんは、いい感じに視点が外に向いてきた感じがします。昔はなんか、透明なバリヤーを自分の周りに張り巡らしているようなストイックさがあって、時々何だか苦しそうに見えたんだけど。
    「おと・な・り」(まだ見てない。早く見ないと)のキャンペーンのあたりから、雰囲気が変わった感じがします。いいことだ。

    しかし、ちょっと最近の准一さんは上半身を鍛えすぎだと思うの。
    いやあ・・・私は筋肉は好きですけど。あれはちょっと上半身が膨らみすぎでは。

    かえってスタイル悪く見えるからやめた方がいいのに。「フライダディ、フライ」の頃の痩せマッチョくらいが丁度いいのに。ねー。


    多分役作りなんだろうけど・・・さっさと映画撮り終えて、体型元に戻してくれないかな、とか微妙にヒドいことを考えています。


    V6 LIVE TOUR 2008 VIBES

    と、いうわけで、私にとってのV6マイスター(妙な敬称を付けるなよ)Kさんのお導きにより、今年もV6コン最終日1部に行ってまいりました。

    今回は初めてアリーナ席から見てきました。Kさんからは、
    「全体を見るなら、2、3階席の方がいいんですよ。アリーナだと埋もれて見えないことがあります」
    と、言われていたのですが、アリーナ席ってどんなものなのか一度体験してみたかったもので。
    毎回チケ取りは大変らしいのに、いつもありがとうございます。
    同行の某様は「こちらの方が見えそうですよ」と席を交換してくださいました。
    ほんと、ジャニーズファンの人ってみんな優しいんです。
    こんなダメ人間なのに、すみません、すみません。
    生きててすみません。

    岡田さんのお顔は相変わらず美しゅうございました。
    なんだ、あの彫りの深さ。ありえねー。
    体も、今くらいの体型がちょうどいいですね。痩せすぎず、マッチョすぎず。
    『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』の撮影直後のコンサートの時は、もの凄く痩せてて、見てて何だかかわいそうになってしまったので。

    今回衣装デザインは森田さんです。
    が、ツアー開始早々謎の火災により衣装消失、というとんでもないトラブルが発生。
    他のジャニーズさんたちの衣装を借りてたらしいですが、大阪公演からは、森田デザインの衣装が再生されたそうです。どの衣装もそれぞれのメンバーに似合ってて良かったですよ。
    ほら、ジャニーズの衣装って基本『珍』ていうか、『きらきらごてごてわさわさ』って感じの、
    「うわーアイドルじゃなくちゃ許されねえよこれ」
    的な風味が印象的ですが、フツーにセンスが良かったと思います。

    で、演出は岡田さん。
    いつもよりステージが見やすいなあ、と思ったのは何故だろうと考えてみたのですが。
    私の経験値不足もあるのかもしれないのですが、今までのコンサートだと、メンバーが会場中を走り回ってて、なんだか騒がしいという印象があって、「アイドルって、肉体労働で大変だなあ」とぼへーっと思ってたんですが。
    今回は、メンバ-全員でのパフォーマンスを魅せる、という意識が強かったのかなあと感じました。コンサートというより、演劇を見ている気分に近かったかも。なので私も、微動もせずにステージをガン見している時間が多かったです。


    <印象に残ったMC集>

    ・坂本さんは、正月に一人でハワイに行って、それがワイドショーで流されたことをネタにされとりました。

    ・博君はウルトラマンなんだから、仮面ライダーやるメンバーがいたっていいんじゃないか(いいですね) 坂本君は似合いそう。健ちゃんも似合いそう

    ・ゲストはNEWSの増田君。愛嬌のあるいい子でした。でも確かにちょっと太った? 24時間TVのようなTシャツに、ずり落ち気味なジーンズ。なんかジーンズのポケットに何かが入ってて重そうなんですけど。私服なの?

    ・人見知りな森田さんと、不思議な喜び方をしている岡田さん。

    ・特に岡田さんが、増田君の背後でもの凄く挙動不審。 
    え? 触ってるの? きゃーーー。公開セクハラよっ。と、わくわくしてたんですが(超最低、私が)。
    何故か岡田さんは増田君のポケットの中身が気になって探っていたらしい。
    訳が分からない。彼なりのコミュニケーションだったり好意の表れだったりスキンシップだったりするんだと思うんだけど、意味不明過ぎました。


    『20th Century/LIVE TOUR 2008 オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ』

    というわけで、トニコンのコンサートに行ってきました。
    これまでジャニコンというと、代々木か武道館しか行ったことがなかったので、国際フォーラムはなんだか新鮮でした。

    毎度誘ってくださるKさんからは「真剣にあほらしい世界」的なことを前情報として聞かされてたので、
    (やはり、年長組ということで、考えすぎてマニアックな方向にいっちゃって、お客さんぽかーん的なものなのかしら)
    とか予想してたんですけど、笑える要素が多くて楽しかったです。

    MCと映像とで、座ってる時間が長かったような気がします。
    これは、休憩時間が長くないと踊り子さん達の体力が持たないのか、あるいはお客さんにもゆっくり休みながら見ていただこうという暖かい思いやりなのか(多分両方)。
    このままいくと、さだ◯さしのように、コンサートの半分近くがMCという、歌うたいにもお客さんにも優しいコンサートへと進化を遂げていきそうですね。

    TOKIO LIVE TOUR 2008 『SUGAR』  in日本武道館

    というわけで、Kさんのお導きにより、最終日に行って参りました。
    コンサート客+花見客で、駅前から武道館まで凄い人でした。
    これで天気がよかったら、もっと凄かったんだろうなあ。

    TOKIOの客層は割と高めのせいか、中途半端なジャニファンのワタクシもしっくりときちゃいます。
    え? コンサート行ってる時点で十分ファンだろうって?
    何を言ってるんですか。ワタクシごときがファンを名乗るなんて、おこがましいですわ。私なんてまだまだ薄い薄い。

    2階席だったけど通路沿いで、さらに前の席が空席だったので、ステージ全体がとても良く見えました。
    相変わらず、MCは無駄にみんな面白かった。そしてリーダーはやっぱりみんなから愛されすぎだ。
    「リーダー」のいる「5人組」というと、『奇面組』を思い出してしまうのは私だけだろうか?

    TOKIOのコンサートは演奏主体で、メンバーのソロパートもあまりなかった(ですよね?)なあと思ってたんですが。
    『もう出来る曲マジでねーんだけど』と最後のアンコールで出てきた5人が、ステージ上でごしょごしょと相談した結果。

    『宙船』を歌う松岡君という、大変貴重なものを見ました。
    本当にその場で決まったらしく、楽屋から再度呼び戻されたブラスとストリングスの皆さんはもう私服。
    松岡君は普通に歌えてましたが、段々歌が早くなっていってしまって、本当に生演奏してるんだなあ、と変なところで感心してしまいました。

    去年なかった分今年は夏もライブをやるそうです。
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク