Category | 相棒season7

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    宝塚歌劇が人気ドラマ「相棒」を舞台化!


    yahooニュース

    8月13日、宝塚歌劇団が2010年1月から4月の上演作品を発表した。その中で、人気刑事ドラマ「相棒」が舞台化されることがわかった。

    テレビ朝日・東映制作でシリーズ化されている「相棒」は、2000年6月に単発ドラマとして初登場、その後連続ドラマとなり、現在Season7まで放映されている人気作。秋にはSeason8が始まり、主人公の杉下右京の新相棒として神戸尊が登場することでも注目を集めている。宝塚の舞台でも、ドラマでお馴染みのキャラクターが活躍。杉下と神戸が、アメリカから来日したある女性を警護することから始まる物語が展開する。主演は、花組トップスターの真飛聖。



    『逆転裁判』が成功したから、今度は『相棒』ってか。

    て、右京さんの相棒が既に薫ちゃんからミッチーに鞍替えされてるし。

    ・・・ねえ? 本当に『相棒』に何があったの? 
    なんでここまで、薫ちゃん(寺脇さん)の存在をなかったことにされてるの?
    こうまでされると、普通に寺脇さんとファンに対する嫌がらせとしか思えないんだけど(軽く被害妄想入ってます)。

    プロデューサーが語ってた薫ちゃん卒業の理由なんて全く信じてはいませんが、かといって本当はどんな理由でこんなことになったのか、私には分からないのです。
    20年後くらいに、関係者がテ◎朝や東×を退職して、『相棒 コンプリートメモリアルBOX』的なものが発売される頃に、
    「あの時は実は・・・」
    的な暴露本が出たりするんでしょうか。


    逆転裁判と宝塚は、どっちも派手派手で仰々しい所が意外と合うんじゃないかと思ったし、逆裁原作者の巧舟さんも舞台を見て、本当に感動してたらしいから、やっぱり見たかったなあ(チケット瞬殺だった・・・)。
    あ、でも今度の逆裁の続編はチケット取れたから、見に行きますよ。うふふ。初宝塚だー。楽しみ。

    「宝塚歌劇団演出家 鈴木圭×逆転裁判 巧舟 Special対談」
    ↑ここの『逆転裁判と宝塚は、【嘘のつき方】が似ている』っていうのは、なるほどなあと思いました。


    でも、『相棒』と『宝塚』は合わないと思う。
    だって相棒は地味だしキラキラでもないじゃんよー。


    まあ、season7はそんなこんなで萎え萎えだったのと、ケータイ捜査官7の方にかまけて大変だったので、相棒は録画したきりほとんど見てません。
    多分このままフェイドアウトし続けると思います。

    別に、新相棒のミッチーがイヤなわけじゃないんです。
    むしろミッチーは好きです。
    でも、もし今度のシリーズの視聴率が急落したら、ミッチーが戦犯扱いされるだろうし、そうなったら、ああ見えて実は繊細で小心者なミッチーがさぞかし落ち込んでしまうだろうと思うと、なんだかなあって感じです。
    これでも視聴率が変わらなかったり、むしろ上がったら、それはそれで『なんだかなあ』なんだけどね。

    スポンサーサイト

    相棒7 第8話・9話「レベル4~前篇・後篇」

    ようやく見ました。
    ええと、まず最初の感想としては。

    薫ちゃんが殉職しなくて良かった。
    本当に良かった。
    そんな『太陽にほえろ』方式、誰が許すかつうの。

    あとはねえ。
    シーズン7は初回以来見てなくて(理由は分かりやすくふてくされていたから、私が)、ちょっと久しぶりに見たんだけど、やっぱり薫ちゃんはこれ以上老けちゃダメだわと改めて思った。
    そりゃあ寺脇さんは、彼と同年代の人間と比べたら、めちゃくちゃ若々しいですよ。
    でも、物事にはやはり限度というものがあってですね、さすがにそろそろ「正義感の強い青二才」てわけにはいかなくなって来てますよ。そういう意味では、今潔く去ったことで晩節を汚さずにすんだよな、とは思います。

    それに、寺脇さんはテレビだけでなく舞台にも出る人だから、相棒で1年の半分を拘束され続けてきたことで、それ以外の仕事がセーブされてきてしまったのは事実だと思う。今後のことを考えたら、やっぱりここらで違うステージに行った方がいいのかもしれない。

    水谷さんはもう、右京さんだけやってればいい気がする。むしろもう2時間ドラマとか出て欲しくない。このままおぢいちゃんになっても、柳沢教授化すればいいだけのことなんじゃないかと思う。

    とは思うのだが。

    それで私が納得したかというと、全く納得なんか出来てないわけなんだが。

    なんで薫ちゃん(と美和子さん)だけ強制終了させられなくちゃならないのか、さっぱり理由が分かんないよ。

    あのプロデューサーの説明で納得なんか出来るわけがない。
    いったいどんな大人の事情があったんだか。
    次回はまた元日SPなんでしょ? なんでその前に慌てて追い出したみたいな形になってんのよ。はーらーたーつー。むしろ元日SPを使って卒業イベントやっても良かったくらいなのに。

    なんですか? テレ朝にとっては、

    石原軍団>>>>>>>>>>>>>>>>8年間主演を担って来た俳優

    な、わーけーでーすーかーーーー? へー。ほー。そーなんだーふーん。

    あー、すっきりしない。

    で、次回もまたテロの話なの?
    どうでもいいけど、「エコテロリスト」が「エロテロリスト」に見えて、インリン様が降臨するのかと思った人は、私だけじゃないよね。

    さよならの準備

    で、下のエントリを書き終わった直後あたりに、まだ会社にいる旦那(以下『ダ』)から電話。

    「ところで、今日の『相棒』見たあ?」

    「だから今クールは1話しか見てないって言ってんじゃん!」

    ダ「なんだよお。前はあんなに熱心に見てたじゃないかあ」

    私「・・・今日で薫ちゃんが卒業だったんでしょ?」

    ダ「ネット上では賛否両論だったよ」

    私「ネタバレする気? さいてー、ばかっ。おまえなんか、ミステリのあらすじを説明するようなダメ人間だー。ばーかばーか」

    ダ「早く見た方がいいよ。先週と今週だけ見れば話は分かるらしいよ。君が巡回しているサイトは君と同じような趣向の持ち主なんだろうから、嫌でも分かっちゃうよ」

    私「だから、私の行動をトレースすんのはやめてよ」

    ダ「なんか、ヤフーニュースのトップに出てたし、相棒ってもうそういうドラマになっちゃったんだなあ」

    あああああ、もう私は、ヤフーニュースすら自由に見られないのか。
    てか、なんか今もの凄くいやなこと聞いたんだけど。



    さようなら薫ちゃん。
    さようなら『相棒』。
    今までありがとう。そしてさようなら。

    もう今の相棒は、私が好きだった、マニアも唸らせるような上質なミステリドラマではなくて、万人向けのキャラクタードラマになってしまったのですね。

    もう今の相棒は巨大化しすぎてしまって、利権が絡まりすぎてしまって、やめるにやめられなくなってしまったんですね。
    もう、いいんです。世の中とはそういうものですから。
    視聴率がいっぱい取れるようになってよかったですね。
    水谷さん、紅白出場おめでとうございます。
    これでは本当に、やめたくてもやめられないですね。

    同じことが『逆転裁判』でも起こりましたね。
    人気が出過ぎて、大きくなりすぎてしまって、カ●ポンの上層部が口出しし始めたから、『4』は面白くなかったんです。
    ナルホドをだせ(ネタバレにつき反転)』とか『裁判員制度を入れろ(ネタバレにつき反転)』とか、ほんと余計なこと言わなければよかったのに。

    上層部は口は出さずに、金だけ出してればそれでいいのにね。

    ・・・・もうこうなったらしょうがないので、これから録画を見ようと思います。
    正直もの凄く嫌だ。
    でも、ネタバレを読んじゃうよりはましだ。


    『相棒』新シリーズをもって寺脇康文が水谷豊とのコンビを“卒業”

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080828-00000034-oric-ent

    ・・・すみません。意味が分かりません。

    まあ、私も相棒を熱心に見てたのはseason3くらいまでで、後は結構惰性で見続けたところはあるんですが。
    人気が安定し出してからは、
    『右京さんも薫ちゃんも、すっかり仲良しになっちゃって』
    な感じで、あの二人の間に、ある種のマンネリ感を感じていたのは確かです。

    それに、右京さんは『おじいちゃん』になってもいいけど、薫ちゃんが『おぢさん』になるのはまずいよなあ、と以前から感じてはいました。
    アニメと違って、生身の人間が演じている以上、年月の経過が登場人物の見た目や中身に与える影響はどうしても無視できないわけで。
    右京さんのキャラはあのままでいいけど、薫ちゃんが万年青年っていうのはなあ。中の人四捨五入したらもう50じゃん。冷静に考えると、それはきついとは思います。

    でも、それなら、相棒のドラマはseason7で終結ってことにして、最後にもう一回映画やって有終の美を飾るか、今後は年に1、2回スペシャル版で帰ってくるぜ、とかにすれば良かったと思います。
    監督は和泉監督にお願いして、脚本を三谷幸喜やクドカンに頼むとかさあ(豪華すぎだっつの)。

    薫ちゃんを消したら『相棒』を名乗る意味がないと思うし、今後誰が右京さんの傍らにいることになろうと、もう見る気はなくなると思うの。少なくとも私はね。
    水谷さんは残したいのだったら、彼主演で別のドラマシリーズを立ち上げればいいじゃないの。

    以前、美和子さんが不可解な浮気をしたのは、ドラマのマンネリ化を防ぐためのカンフル剤だったと思うけど、ファンの困惑という副作用の方が強くて、あんまり有効な策とは言えなかったし。
    今回は、それ以上に「やっちゃった」感の強い劇薬注射ですね。
    プロフィール

    美夜(miya)

    Author:美夜(miya)
    ・TV・舞台・本などの感想置き場。
    内容は、その時ハマっている物次第。
    規則性はあまりなし。

    ・記事へのリンクをされる場合は、
    該当記事のURLを明記してください。
    無断引用・転載はご遠慮ください。

    <管理人別館>
    木更津Honty Tonk
    『木更津キャッツアイ』中心感想サイト

    Innocent Accomplices
    『相棒』感想サイト
    (1st.~4th.seasonまで)

    ・ツイッター: @miyabreaction
    (過去つぶやきまとめ)
    ついろぐ

    ・連絡はこちらからよろしくお願いします↓
    メールフォーム

    最近の記事+コメント
    カテゴリー
    ツイッター
    オススメ
    過去ログ v Co リバース
    ブログ内検索
    ブログパーツ

    美夜の最近読んだ本

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。